Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

大きな音を出すときの3つのポイント

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうも!かいとうゆうきです。吹奏楽部で大きな音を出す機会いっぱいあると思います。

むしろ出しているのに「聞こえない!」っていわれることもしばしば

どうすれば大きな音が出るのか?経験を踏まえて自分なりにポイントをまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

大きな音を出すときには息が必要?

以前の自分は息を沢山入れれば音が大きくなるって思ってました。

確かに

大きな音は出るんです。

でもプロの方たちが出すような大きさにならなかった。

 

 

 

 

大きな音には何が必要なのか?

f:id:ykaichi:20170410003629j:plain

 

大きな音を出すポイントは実は振幅です。

振動の振れ幅が大きくなればなるほど大きな音が出ます。

金管楽器の場合アパチュア(息の通り道)が息を入れすぎる事によってかえって

大きくなりすぎてしまい結果振動しにくくなってしまう場合があるんですね。

(音が大きくなればアパチュアは大きくなるのですが、振動しないくらい大きい場合が

ある。)

 出しているのに音が聞こえない原因の多くは

息を使いすぎている事にあるんじゃないかなと思います。

 

 

 

 

 

ではどうすればいいの?

 

大きな音を出す上で肝心な事は振幅。

だから振動しやすい環境をいかにして作るかにかかっている。

( これを理解するのに凄く時間がかかってしまいました。)

 

 

 

 

 

小さい音での練習

f:id:ykaichi:20170410003825j:plain

大きな音を出す上でpなどの小さい音の練習をまずしてみることがいいのではないかと思います。これによって振動しやすい環境を作る事が出来ます。

 

 

 

 

最後に

  • 大きな音を出すには振動しやすい環境を作る事
  • 振幅の振れ幅を大きくすること
  • 息をたくさん入れる=大きい音ではない

 

 

 

 

参考にしてみて下さい!それではー