ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

伸び悩んだ時はまず自分のことを認めること

f:id:ykaichi:20180301101542p:plain

どうも!かいとうゆうきです。

僕が大学生の頃ホルンをどれだけ練習しても上手くならない自分のことを受け入れることが出来ませんでした。

  • こんなはずじゃない。レッスンで教わった通り練習すれば上手くなるはずなんだ。
  • 毎日練習しているのになんで上手くならないんだ。

 こうやって精神的に自分を追い込んでいくことしか出来なかったんです。

 

 教わった通り練習しているんだから自分は正しいという思い込み

f:id:ykaichi:20180301101757j:plain

 上手くなるために正しいことをしているんだから僕は間違ってない。

自分はこのままでいいんだ。

今考えたらホントそんなわけないじゃんって思うんですがただ当時は自分を守るだけで精一杯でした。

上達はしたくてもとにかく失敗するのが怖かったんです。

 

 

 このままじゃ上達できないと認めるところから上達は始まった

 自分が初めてホルンが上達していっていると思えるようになったのは

  • 「自分はこのままじゃダメなんだ」
  • 「このままじゃ上手くならないんだ」

と自分を受け入れたところからでした。

 自分の演奏技術、練習方法これを一から勉強し直すところから上達が始まっていきました。

 

余計なプライドを捨てること

自分が正しいと思ってること。

  • 毎日練習しないと上達は出来ない。(ホント?)
  • レッスンで教わった通りやってるんだから上手くなれるはず。(本当に出来てる?)
  • 正しいと感じてる吹き方(顎は貼らなくちゃいけない)(アンブシュアは動かしちゃいけない)

もしかしたらそれが上達のブレーキになっているかもしれません。

ホントかな。

もしかしたら違う方法があるんじゃないのかな。

 

 まとめ

まずは今の自分を素直に認める。

そこからじゃあ上手くなるためにはどうすればいいんだろう?って考えられる。

それでは!