ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

楽器に息を吹き込んでしまう方へ 息を吹き込んでしまう2つの原因と2つの改善案

  

 

どうも!かいとうゆうきです。

今回は私自身の癖について

 

私は息を楽器に吹き込んでしまう癖があります。

これが癖になると音が楽に鳴りません

響きません

コントロールが難しいです。

 

それをなかなか改善できずにいました。

 

 

ですが根本的な原因を見つけたんです。

 

 

 タンギングしたと同時に息も出して音を出していた

f:id:ykaichi:20170409015344j:plain

 

この問題は自分が音を出すプロセスで

これらが同時にはまるところに

音が出るポイントがあると考えていた事がそもそもの

原因だったようです。

要するに

音を出す準備が上手く出来ていなかった。】

音を出すプロセスに息を吹き込んでしまう原因

がありました。

 

どんな音の出し方がいいのか

f:id:ykaichi:20170409015433j:plain

タンギングして音を出す場合

息が出るのはタンギングしたあとです。

つまり

実際には舌が離れた瞬間に息が出る→振動する→音が出る

だから

 出したい音をイメージする

息を吸う

アンブシュア準備

舌を離す

息が出る

振動する

音が出る

このような形が今はいいと思っています。

 

 息を出そうと意識していたことも原因に

今まで息をある程度出そう、使おうと意識していた

事がもうひとつの原因だったようです。

息を出そうとしなくても

勝手に息は出てくれる。

 

 

最後に

  • 音を出す時に音を出す準備をしてから吹く
  • 息を出すのではなく息は出る

あくまで自分の経験上の話ですが

もしよければ参考にしてみて下さいね!それではー