ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

「タンギングは息を流し続けろ!」というアドバイスの意味

f:id:ykaichi:20190919121227j:plain

タンギングのコツとしてよく言われているアドバイスとして

タンギングをする際は息を流し続ける。

というものがあります。

このアドバイス

  • 息を一回一回吹き込んだ勢いでタンギングしている場合。
  • 舌を意識しすぎて息を上手く吐ききれない場合。

などに有効です。

しかしこの息を流し続けるというアドバイスを鵜呑みにして本当に息を頑張って流し続けて息をたくさん吐きすぎてしまうと今度は反対に口が開きやすくなったり口を閉めすぎてかえってタンギングがやりづらくなります。

本来 タンギングというのは安定した息を舌で塞ぐことで息が止まり舌を離すことで息が流れることの繰り返しで音を切ることです。

 つまり息を流し続けるという意味は

沢山の息の量を吐くという意味ではなく安定した息の量を吐けるということです。

なのでタンギングが苦手という方は

まず

  1. 安定した息(出だしから終わりまで同じ息の量で)でロングトーンができること。
  2. ゆっくりしたテンポで4分音符などで構いませんからロングトーンしているときの息のまま舌で息を塞いで離すということができるようになること。

 この2つが上手くできてくると結果的に速いテンポでのタンギングやクリアな発音もやりやすくなると思います。

 それでは。