Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

短時間で上手くなる方法 一回一回を本番のつもりで吹いてみませんか?

 

どうも!かいとうゆうきです。

楽器の練習したいけれど

練習する時間がなかなか取れない。

少しの間しか練習できない

ってことありますよね。

そういうとき

本番を意識して練習すると

少しの時間でも

効率よく上手くなっていけるんです

 

音だしの段階から本番だと思ってみる

f:id:ykaichi:20170726001354j:plain

 

本番は一回しか吹けませんよね。

やり直しはきかない。

だからめちゃくちゃ集中するし

一回一回を大切に吹く。

これを練習の時から意識するんです。

 

基礎だって立派な音楽

 

f:id:ykaichi:20170726001619j:plain

 

ロングトーン

リップスラー

タンギング

音階

高音域の練習

低音域の練習

クレッシェンド練習

デミュ二エンドの練習

などなど

 

どれも大切な練習なんだけど

ちょっと退屈ですよね。やっぱり

早く曲吹きたいし。

だけどこれも音楽と思うとどうでしょうか?

(音楽に聞こえないかもしれないけど)

だから音だしの段階から本番で曲を吹いているつもりで

ウォーミングアップをしてみる。

基礎練習してみる。

もちろんホントに曲を吹いてもいいし。

いつもと何か違いはありますか?

何か気づいたことはあるでしょうか?

 

この練習なら

いつもとほぼ同じ状態で本番に臨めるし集中するので

短時間で上手くなって即本番でも使える技術が身につくんです。

 

試してみてくださいねー

それではー

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

 

練習中自分の感情は一端どこかに置いておこう!

 

練習中に上手くいかなくて「なんでできないんだ!」ってできない自分を責めたり

俺って「才能がないなー」って落ち込んだり

あれはいけなかったんじゃないか、まずかったんじゃないかって過去を悔やんだり

「このままで大丈夫かな」って不安になったり

特に一人だとこういう自分自身の感情に振り回されてしまいやすいですよね。

こんなことを考えててもしょうがないし意味ないし時間の無駄でしかない。

自分自身もつらいし

練習もまともに出来なくなる。

貴重な練習時間を効率よく過ごすためにも

練習中は自分自身の感情は一端どこかに置いておくのが良いです。

 

f:id:ykaichi:20170724235002p:plain

 

でも

上手くいったとか

できた!とか

やってて楽しい!

そういう

 プラスの感情はどうするの?って疑問が沸いてきそうですが、

そういう

練習中にでてきた

自分にとってモチベーションを高めたりする

感情はどんどん受け取っていいと思うんです。

 

自分自身を動けなくさせる感情

  • 不安
  • 恐怖
  • 自分を責める
  • 才能ないって落ち込む
  • 過去にしてしまったことを悔やむ

こういう感情を抱いたまま練習していても身にならないし

集中できないし

やる気も沸いてこないですよね。

いいことまるでナシ

だからこういう自分自身の行動を止めてしまう感情は一端どこかに

置いておくのがいい。

練習に集中できますよー!

それでは

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

上達は自分がどこまで自分のやりたい音楽を強く望むか

 

 

ホルンが上手くなるためには

どうすれば良いか。

本番の機会を作る

これ一番いいです。

 

演奏会

コンクール

発表会

などなど

でも基礎が

奏法が崩れてしまったらどうするの?

僕もそう感じていたことありました。

 

でも、、、

 

基礎はあくまで入り口

基礎はすごく大切です。

これを疎かにしていたり中途半端にやってたり

適当にやってると経験上

上手くならないというより

無理をしやすくなり結果音が出なくなるんです。

 

でもじゃあなんで基礎をやるのか

ロングトーン

リップスラー

タンギング

クレッシェンドの練習 

ディミュニエンド練習

などなど

でもこういった練習の精度を高めるために基礎の練習する訳じゃないんです。

 

 

 

ゴールは自分の音楽を奏でてそれをだれかに聞いて喜んでもらうこと

 

 

僕もここを勘違いしてしまいやすいのですが、

ついつい基礎の質を高めることに意識を向けてしまいやすいのです。

でもそこはゴールじゃない。

ゴールはあくまで自分のやりたい曲やりたい音楽を発表し聞いてもらう人に喜んでもらうことですから

 

上達は自分がどこまで自分のやりたい音楽を強く望むかにかかってるんです。

 

音の質は?

アタックは?

音色はどうか?

音量は?

スラーはもっと滑らかにしたほうがいい?

テンポは?

リズムは?

音程は?

もっと探せばまだまだあると思いますが、

こういうことがまず大切なんです。

 

でこういうことを常日頃から意識するためには

早い話

発表の機会を作るのが手っ取り早い。

 

演奏会に来てくれるお客さん

コンクールの審査員

発表会で自分の演奏を聞いてくれる先輩方

 

 

僕も

だれかに演奏を聴いてもらうとなるとやっぱり

ちゃんとしたもの聞かせたいとか

上手く思われたいとか

自分の演奏で喜んでもらいたいとか

楽しんでもらいたいとか

そういう感情がプラスに働いて

いつもよりも厳しく自分の演奏をチェックしたり

できないところをなんども練習したりします。

 

 結果上手くなる。

基礎もちゃんとやるみたいな

 

自分のやりたい音楽のために基礎をやると上手くなっていきやすいです。

 

それでは

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

音をイメージすることそれができればあとは体が勝手に教えてくれる

 

どうも!かいとうゆうきです。

音を出すことって以外と簡単だったりします。

難しいと感じるのは僕自身が勝手に難しくしているだけだったりするんですね。

 

出したい音をイメージする

 

f:id:ykaichi:20170723003101j:plain

これはどれも大切なことではあるけれど

 

音を出すその前に出したい音をしっかりとイメージできているか

 

これができると

体がそちらに反応していくし、

細かな奏法の問題をどうしていけばいいかは

すぐに解ってくるんです。

 

(逆に奏法のことテクニック的なことを考えれば考えるほど難しくなっていったりする。)

 

だしたい音をイメージすること

やりたい音楽をイメージすること

 

ここがホルンを吹く上で(ホルンだけじゃなくて楽器全般に言えること)鍵になっているんです。

音が汚いなあ なんだか調子悪いなあ 音が出にくいなあと感じた時

一端立ち止まって

自分の出したい音

やりたい音楽

をイメージすると

突破口が見えてくるかもしれません。

 

 

それではー

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

 

 

自分で自分の成長をしていく

 

 

どうもかいとうゆうきです。

最近バイト先やbodychanceの人達から

褒めて貰えることが多くなってきて

褒めてもらえたことが本当か本当じゃないかなんてのは

たいした問題じゃなく

それを自分に言ってくれたことが

ただただありがたいなあと

以前は指摘されなくなったらお終いって考えていたので

最近はあまり指摘されなくなってきているのですが

言ってもらえないと成長出来ないって考えてた以前の自分が

なんかかっこ悪いなと感じるようになってきてます。

 

 

褒められたのは結果ではなく過程

 

僕は何か勘違いしてたんですね。

僕が今まで褒められていたのは

課程の部分なんです。

自分が取り組んできたことであるとか

成長した部分であるとか

そこを褒められた訳なのでそこで成長を止めたらいけなかったんですね。

(大学生の頃は褒められたらそれでOKだと思ってた。全然ダメだわ)

 

自分で進む

誰かに指摘されなくても

自分で自分の成長できる部分を探していく

自分自身の点検をつねにやっておく

最近これを意識出来るようにはなってきているけれど

そうすると課題が山のように出てきますね。

 

ちなみにこうしてブログを書いてますが、

もう少し自分の言いたいことをわかりやすく面白く書けないものかと

試行錯誤中です。(このあたりが課題なんだよなあ

 

 

 

それではまた

 

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

ダブルタンギングの研究をしてみたら小っちゃいッが入るかもと気づいた話

 

どうも!かいとうゆうきです。

 

今日の練習中これを見てまして

 


French Horn: 3 Steps to Faster Coordination and Multiple Tonguing. Tutorial Nr. 1 from Frank Lloyd

 

 

以前これを見たとき英語だしほとんど意味が解らなかったんですけれど

今日改めて聞くとなんだか聞き取れてる。

(いける前より聞けてる。)

聞いているとどうやらダブルタンギングのこと

やトリプルタンギングのことのようなのですが

そういえばダブルタンギング研究してなかったと

気づいたんです。

さっそく自分のダブルタンギングについて観察をしてみました。

 

ダブルタンギングの2回目息だけで音を出してる

 

ダブルタンギングを最初習った時

タカタカタカタカ

って習ったんですが

ってそのまま言うと舌が後ろに引っ込んだ状態になってしまい

息だけで音を出すようなことになってしまうんです。

それだとダブルタンギング出来ない。

じゃあどうするか

今から試してみて良かった方法を書いていきます

 

  • 二回目の時カの時息を少し多くしてみる

(アパチュアが大きくなりやすいのでその状態に合わせて少しだけ息を増やす。)

  • 口の周りが動きやすくなるので動きを少なくしてみる

 

もしかしてカの前に小っちゃいッが入る?

 

まだ仮説の段階だし楽器で試してないんで何とも言えないんですけれど

自分で喋ってみてタカタカタカよりは

タとカの間に小っちゃいッを若干入れると喋りやすいです。

(動画でロイドさんこのこと言ってるのかなあ。ロイドさんがダブルタンギングの説明してるとき若干小っちゃいッが入ってるんです!15分09秒あたりです。)

早速明日の練習で試してみよ!楽しみです。

それではー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

上手くなるには探求し精密さを増し続けること  

 

どうも!かいとうゆうきです。

上手くなることって

結局音楽につながっているんだなあと

 

 

高い音が出るとか

低い音が出るとか

音質が良くなるとか

小さい音

大きい音

音域の問題から

音色

音量

そういう技術的な問題も

最終的には

 

自やりたい表現やこの曲のこの表現にあったベストな音色や表現をするにはどういう練習をしていけばいいのかっていう音楽的な問題に繋がっているんですね。

 

ここを僕はすっ飛ばしてきていたんだなあと

そりゃなかなか上手くならないわけです。

 

自分の今まで感じてきたこと

自分の技術

知識

経験

体の使い方

 

それらを総動員し

とにかく試行錯誤し探していって

そして見つけたことをとにかく練習して

精密さを増していく

ただこれだけ

この繰り返し

 精度問題+変化量=上達度合い

これが上手くなることの近道なのかも

 

今までできてなかったなあ

しゃーない

気づいただけ

マシかな

それではー

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp