ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

誰かのために演奏することでホルンは上達する

f:id:ykaichi:20170624072208j:plain最近自分の音楽を届けたい人のことを考えて練習するようにしています。

「今まで意識してなかったのか」っていう話なんですけどホント自分のことばかり考えてて全然出来ていませんでした。

 

肝心の聞いてくれるお客さんのことを忘れていた

 練習は自分のため でもそれは相手のことを考えたうえで

 大学1、2年のころお世話になった勝俣泰先生に「練習は自分のためにやるんだよ

っていわれたんですが、

それを聞いた時「え!練習ってお客さんのためにやるんじゃないの?」

って思ったんです。

でもそう

たしかに練習は自分のためなんです。

 

自分のためにしか練習は出来ない

 聞いてくれる人の為に練習は出来ないんです。

僕が相手の為に何かが出来ないようにそれは結局自分のためだから。

 練習することもまた自分の為にしかできないんです。

 

楽器が上手くなるには情けは人の為ならずの精神 

f:id:ykaichi:20170624072017j:plain

 情けは人の為ならず

「相手のことを考え想って行動すればそれが巡り巡って自分に返ってくる」 

 同じように楽器もまた聞いてくれるお客さんだったり 自分の音楽を届けたい人だったりそういう人達のことを考えたり、想って練習すれば巡り巡って自分が上手くなっていくのかなって 。

少しかっこつけてしまいましたが ほんとそれなんです。 

不思議なんですがでもそれを意識して練習するだけでホルンは上手くなるんです。

 それでは。

 

  個人レッスンやってます申し込みはこちら!↓ 

ykaichi.hatenablog.com