ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

ホルンが上達するには自分の音楽を届けたい人のことを考える

 

 

最近

自分の音楽を届けたい人のことを考えることを

練習の中で意識するようにしています。

「今まで意識してなかったのか」っていう話なんですけど

自分のことばかり考えてて全然出来ていませんでした。

 

僕はこんなに頑張ってるんだ」とか

「こんなに練習してるのになんで上手くならないんだ」とか

今思うと

 

完全に甘え

 

「努力してるんだから僕は悪くない」

 

みたいな

 

肝心の聞いてくれるお客さんのことを忘れていました。

 

練習は自分のため 

でもそれは相手のことを考えたうえで

 

大学1、2年のころお世話になった勝俣泰先生に「練習は自分のためにやるんだよ

っていわれたんですが、

それを聞いた時「え!練習ってお客さんのためにやるんじゃないの?」

って思ったんです。

でもそう

たしかに練習は自分のためなんです。

 

自分のためにしか練習は出来ない

 

f:id:ykaichi:20170624072208j:plain

 

聞いてくれる人の為に練習は出来ないんです。

僕が相手の為に何かが出来ないように

それは結局自分のためだから

 

練習することもまた自分の為にしかできないんです。

 

楽器が上手くなるには情けは人の為ならずの精神

 

f:id:ykaichi:20170624072017j:plain

 

情けは人の為ならず

「相手のことを考え想って行動すればそれが巡り巡って自分に返ってくる」 

 

同じように楽器もまた

聞いてくれるお客さんだったり 自分の音楽を届けたい人だったり

そういう人達のことを考えたり、想って練習すれば巡り巡って

自分が上手くなっていくのかなって 

少しかっこつけてしまいましたが 

ほんとそれなんです。 

不思議なんですがでもそれを意識して練習するだけでホルンは上手くなるんです。

 

 

それでは

 

 

 メルマガ配信始めました。ブログの過去記事や今後開催予定のワークショップの情報や音楽をもっと楽しみたい。演奏がもっと上手くなりたい方へ 楽器演奏に役立つアイデアや考え方をシェアしていきます。

こちらから無料でご購読頂けます!                                                         

http://form.os7.biz/f/b3830766