ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

楽器の上達には失敗から学ぶことが大切!

f:id:ykaichi:20190104212511j:plain

自分が音大生だったころひとつ大きな勘違いをしていました。

失敗すると楽器は下手になると思っていたんです。

だからできる限り音を外さないように練習するときもビクビクしながら練習していました。

 

失敗して悪い癖がついたら終わりだと思っていた

楽器が上手くなるためには今の自分の演奏技術を変えていく必要があります。

  • アンブシュア(あご張る)
  • 息を沢山吐く、
  • お腹で息吸う、
  • 右手開ける、などなど

そういった正しい吹き方にするという過程で過去に一度ついてしまった癖をなかなか直すことができませんでした。

そして自分が上手だなあと感じる人達は大抵吹き方も良かったし、どうやったらきれいなアンブシュアになるのか聞いてみると「特にアンブシュアは変えてない。」と言う人がほとんどだったんですね。

だから自分でどうやったら癖を直していけるのかが全く分からないままだったし自分で正しいアンブシュアに変えてみると全く音が出なくなってしまったんです。

 だからなのかいつの間にか失敗はいけないことでそれをしてしまうと下手になるし上手くなれないんだと感じてしまったんです。

 

失敗を避けると何もできなくなるだけ

でもこの考えは間違っていました。

確かに失敗を防ぐためにできる限り準備することは大切なんですが全く失敗しないように完璧に準備しようとしてしまうと自分の行動を自分で制限してしまうんです。

 自分は今でも失敗はいけないことだと感じることがあるんです。

  • 音を外してしまった!吹き方がおかしくなっていないかチェックしよう。
  • まだ基礎が完璧にできないからもっと基礎練習しよう。
  • いやいや自分はまだまだあのレベルじゃないからもう少し準備してからコンクール挑戦しよう!

一見こうやって完璧に準備すれば上手く吹けると思いやすいんですが上手くなるためには実はこの逆が大切。

  • 失敗してもいいからある程度吹き通してみる。
  • 基礎が完璧じゃなくても曲を練習してみる。
  • 自分はまだまだだと思ってもコンクールに挑戦してみる。

  なぜなら上達するには今どのくらい吹けるのかを自分で知っておく必要があるから。

 どのくらい吹けるのか自分で分からないのにそれ以上上手くなれることなんてできないんですよね。

 (偶然上手くなったとしても理由が分からないからまた元に戻ってしまう。)

 

 楽器は失敗から学ぶことで上手くなれる

失敗を通して自分の実力を体で体感する。
だから次に自分が何をやればいいのかが見えてくるんです。
 それでは。