ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

なぜ上達したいのか?を考えてみよう!

f:id:ykaichi:20180801231742j:plain

最近練習していて目的もなくただダラダラ練習をしてしまっている。

なぜだろうと考えてみると

  • 自分がなぜその練習をするのか
  • 練習して上達して一体何がしたいのか

 こういうことがまだフワフワしてしまっているからだと思う。

 

上達は手段でしかない

 基礎を練習することは大切。

自分の奏法がどうなっているかを日々チェックしたり改善をすることでより演奏が楽になっていく。

だけどなぜそうするのか。

上達は結局手段でしかないのにいつの間にか上達がゴールになっていた。

  

自分はどんな演奏がしたいのか

 僕はこれまで色々な演奏会に行き思わずブラボーと言ってしまう演奏を何度も聞いた。

自分もあんな演奏ができたらいいのにと思いつつぶっちゃけ今の自分では無理だと思ってきた。

 だけど自分もやってみたい。

最近はそう思えるようになってきている。

 

 

 

感動する演奏とはなんだろう?

感動とはなんだろうか?

なぜ人が感動する演奏があるのか?

 演奏で誰かの心を動かしたときだろうか?

 ようやくこう考えながら練習をしていけるようになっている。

それでは。