ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

シングルタンギングとダブルタンギングが簡単になるタンギング練習

f:id:ykaichi:20180705221846j:plain

 練習中にたまたま見つけたタンギング練習について書いていきます。

自分はこれまでシングルタンギングを練習するようにしていましたがダブルタンギングは取り立てて練習しようと思わずしてきませんでした。

理由としてシングルタンギングが苦手だと思ってきていたため何としてでも克服しようと思い練習をしていたこととダブルタンギングは練習をせずともある程度できてしまっていたためあまり問題になってこなかったからでした。

でもタンギングが上手くできない時試しにダブルタンギングを練習してみたらスルスルとシングルでもタンギングできるようになったんです。

 

二種類のタンギングの長所を利用する

シングルタンギング

  • タタタタタ
  • ダダダダダ

など基本的に一つの発音を連続してタンギングすることで成り立っています。

はっきりと音を発音することがしやすい代わりに16分音符などの細かい音符をシングルで速く吹くことが難しい。

 ダブルタンギングは 

  • タカタカ 
  • ダガダガなど基本的に2つの発音で成り立っています。  

テンポの速い曲や16分音符などの細かい音符が吹きやすい代わりに発音をハッキリと聞こえさせることが難しいです。

 このタンギング練習のポイントはダブルタンギングでシングルタンギングでは難しい16分音符での上手くいっているときのスピード感やテンポ感を味わうことにあります。

 またダブルタンギングでは難しい一つ一つの音をはっきり発音することもシングルタンギングを通して体感することが可能になります。

  

 

シングルタンギングとダブルタンギングを交互に練習する

 やり方

♩=120 16分音符を4泊でタンギングします。

①〜④の順番で練習します。

 ①16分音符をシングルタンギングする。

②16分音符をダブルタンギングする。

③ダブルタンギングで吹いていると思って今度はシングルで練習する。

④シングルで吹いていると思ってダブルタンギングで練習する。

③と④を交互に繰り返すことで二種類のタンギングがやりやすくなります。

 

 

まとめ

シングルタンギングが速く出来ないとお悩みの方。

またダブルタンギングが苦手という方にも効果のある練習です。

是非試してみてください。

それでは。

 

個人レッスンやってます!申し込みはこちら!