ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

ホルンが世界一難しい金管楽器というのは本当か?

f:id:ykaichi:20180606084440j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

ホルンはギネスブックで世界で最も難しい金管楽器として登録されています。

僕も最初ホルンというのは難しい楽器音なんだと教わってきたためできないことがあっても難しい楽器なのだから仕方がないって思っていました。

でもそれって本当なのでしょうか?

僕はホルンが世界一難しい金管楽器っていう認識のせいですごく損をしている面があるのではないかと思うんです。

 

ホルンが世界一難しい金管楽器である理由

ホルンは他の金管楽器と違い倍音の量が違います。

倍音って何?】詳しくはこちら↓

どうしてホルンは3つしか押すとこないのに、ドレミファソラシド全部でるの? | トマトマンの斜め上行く生活術

音と音との間が近く音が移り変わりやすいためちょっとしたことで自分が意図した音ととは別の音が出やすい。

つまり音をコントロールするのが難しい楽器と言えます。

NHK交響楽団福川信陽さんはホルンの難しさについて下記の動画で述べられています。

2分35秒くらいからです。

 

難しい楽器という思い込みがホルンを難しくしている

自分が考えていることというのは体に影響していきます。

できるかどうか不安になったりすると呼吸に影響が出てしまいます。

 

 


y難しい楽器なんだと最初から身構えてしまうからさらに音が当たりにくくなってしまう面もあるのではないかと思うのです。

本当はできるのに無理だと思い込んでしまいやすいこともあるのではないかと。

これってすごく損なことだと思うのです。

 

ホルンは音を外しやすい楽器ということは?

音が移り変わりやすいということは裏を返せば他の楽器と違い音が簡単に出る楽器であるとも考えられます。

 また音を外してもある意味許してもらいやすい楽器。

だからこそその失敗から学んでいきやすい楽器であるとも言える。

音をコントロールする技術は他の楽器より必要だけどその技術を学びやすい楽器。

 

まとめ

  • 音を出すのが簡単な楽器。
  • ホルンは音を外してもある意味許してもらいやすい楽器。
  • 失敗から音をコントロールする技術を学びやすい楽器。

 ホルンという楽器は世界一難しいと言われているけれど実はこんな一面があるのではないでしょうか。

そう考えていくとなんだか簡単な楽器に思えてきませんか?

それでは!