ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

自分はダメだと落ち込むことがダメだと思っているなら本当はただ受け入れて欲しいだけ

 

f:id:ykaichi:20180402002131j:plain

  • 練習していてもなかなか上手くならない。
  • 自分には才能がない。
  • こんなダメな自分には価値なんてない。

 

僕も長い間自分を変えたくてもなかなか思うように変われない時期が続きました。

変わる努力をしているはずなのに以前と大して変わっていない時の

ガッカリ具合ときたらそりゃもうメチャクチャ落ち込みますし凹みますよね。

でもそういう時って実は自分を変えたいわけではないんです。

今回はそんな話。

 

 

自分はダメな奴だと思っているということは

もっとこうしたい、成長したいという気持ちがある。

でもそれは同時に今の自分を否定することでもある。

今のままじゃダメだと思っているということは

少しでも自分を変えたいという何よりの証拠です。

ダメだって思ったって良かった。

落ち込んだって良かった。

こんな自分のままじゃ嫌だと思って良かった。

 でも僕は長い間それを受け入れることが出来ませんでした。

 

ykaichi.hatenablog.com

 

自分を否定している自分を否定しているということは

f:id:ykaichi:20180402001447j:plain

こんな自分のままじゃダメだって思う自分がダメだって思ってるとしたら

自分を変えたいわけじゃなくてダメな自分をただ受け入れて欲しいだけ。

じゃあなんでそれを受け入れられないのか。

今の自分を認めたくないからなのかもしれない。

もしかしたら周りの人たちに受け入れて欲しいって思ってるからなのかもしれない。

 

まずは自分で自分を受け入れてあげて

ダメでもいい。

才能無くたっていい。

どうせ自分なんかってすぐに思っちゃうかもしれないけれどそれでいいんです。

だって変わりたいから。

楽器上手くなりたいから。

それでいいんですよ。

それでは!

 

個人レッスンやってます!申し込みはこちら! 

ykaichi.hatenablog.com