ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

「これさえやっておけば必ず上手くなる」という練習方法がない3つの理由

f:id:ykaichi:20171212194941j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

これさえやっておけば必ず上手くなる』という練習方法があったらどんなにいいか

ある意味頭使わなくて済むしさぞかし楽できるんだろうなあなんて思ったりします。

でもそれは無理な事なんですね。

 

 

 

ひとつのことだけ意識しても音は出ない

 

 

 ひとつのことだけでは楽器は吹くことが出来ないんですね。

いくらイメージしても楽器を吹かないと音は出ないし、息だけでは音を出そうとしてもスカ-で終わりですし、舌だけでは唇が振動しません。

もちろんどんなにアンブシュアのことを意識しても息を出して振動させなきゃ音は出せませんよね。(ちょっと極端ですが)

 

 

いかにバランスをとるか

 息を出し過ぎると唇は閉じやすくなります。

反対に出さなすぎるとそれはそれで閉じやすくなる。

より上の音を出す時には息のスピードがある程度必要ですがその反面閉じやすくなるので少しばかり息の量を調節したり唇の閉じ具合を調節する必要がある。

正反対の動きのバランスをどう取るかみたいな。

 

 

 

  

楽器を吹く感覚はバランスを取る感覚に似ている

 

  • 息をたくさん吹き込んでるから大変そう!」
  • 腹筋めちゃくちゃ使うから鍛えられそう

 

楽器をはじめてみたときは大体こんなイメージを持つことが多いと思うんですが

うーん確かに息は吐くんですけれど実は見た目よりも息は必要なかったり大変じゃなかったりします。

どっちかというと平行感覚というか釣り橋渡ってるイメージに近い。

いかに集中していられるかどうかみたいな。

 

 

さいごに

色々なことが複雑に合わさって楽器は吹けるんです。

これさえやっておけば上手くなれる』っていう練習がないのはこういう理由からなんですね。

自分も面倒くさがらず練習しよう。

それでは。

 

 

 

  個人レッスンやってます!申し込みはこちら!↓

ykaichi.hatenablog.com