ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

失敗するのが恐くてレッスンで教わったこと取り入れることができなかった話

f:id:ykaichi:20171130005532j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

自分のやってきたことを方向転換するとき(例えば吹き方を変えたり練習方法を見直したり)

レッスンにいったりして新しいやり方を学んでも

  • なんだかんだ理由をつけて結局取り入れていない
  • 変わりたいのに変わることに躊躇してしまう。
  • 結局行動できない。

こんな経験はありませんか?

 

 

 

 変化するには心がごちゃごちゃいいすぎていては変われない

 せっかく教わったことでも実践しようとしないと覚えて行く事ってなかなか難しいですよね。

以前は自分も「こうした方がいいんじゃないか」とか「別のやり方がいいんじゃないか」とか今考えたら何やっていたんだって話なんですが、

とにかく素直に言うことを聞くことができなかったんです。

でもこの状態のままではいくら行動をおこしても変化するまで いくらやるぞと決めてもどこかでポキッと心が折れてすぐにやめてしまう。挫折してしまうんですね。 

 


 

 

 

 素直に教わったことを実践すれば良かった

f:id:ykaichi:20171130091647j:plain

 とにかくあれこれ考えずに言うことを聞けばいいじゃんって話になると思うんですけど、自分の事ですから慎重になりますし自分に合ってるかどうかなんてわからないから不安だったのもあったんです。

(まあやってみないことには合うか合わないかもわからなかったんですが。)

 

 

あれこれ考えて悩むくらいならまず自分の考えた事をやってみて

f:id:ykaichi:20171130091749j:plain

教わったことと違っていても 自分の考えた事で上手くいったならそれでいいし、たとえ上手くいかなかったとしても自分は間違っていたんだなって気づくことができます。

そこではじめて教わったことが素直に吸収できますよね。

 

 あらかじめ期限を決めておく

f:id:ykaichi:20171130091933j:plain

 でもあきらか上手くいってないのにでも教わったことを試すのは嫌ってのが一番問題です。

(自分は長いことここに陥っていました。)

過去を振り返ってみてそのときどうすれば良かったか考えてみたんですが

  • どのくらい自分の時間を使うのか
  • 試した結果を検証する
  • (効果はあるのか?)
  • (上手くなっているのか?)
  • (今後も上達していけそうか?)

ってことにもっと意識を向けるべきだったんです。 

 

 

  まとめ
  1.  変化するには素直さが必要。
  2. ある意味自分の考えた事を実践してもいい。
  3. 試す期間を決めておく

 

 参考にしてみてください!それでは!

 

  個人レッスンやってます!申し込みはこちら!↓ 

ykaichi.hatenablog.com