ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

日々の練習でホルンが上達する身体と心の使い方を発信していきます。

調子を落とした時まずは落ち着いて自分の音を聞いてみよう!

 

 

f:id:ykaichi:20171122003421j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

自分は練習で上手くいかないことがあるとついついアンブシュアが悪いんじゃないかと気になってしまうんです。

 

 変な感じがしただけかもしれない

 練習していて調子がなんだかおかしいと感じるとき、「うわ調子がおかしい。」「アンブシュアが変かも」と焦るし慌てます。

でも一回冷静になって自分の音を聞いてみてほしいんですね。

 

  • 自分はどんな音がしているのか
  • 自分の音がおかしいと感じるのはどの部分か

すぐに判断せずとにかくまずは落ち着いて状況を整理することが大切なんです。

 

 

自分の音を自分で聞くのは難しい。まずは録音する。

もしかしたら気にしすぎってこともあるし、アンブシュアが原因ではなく息かもしれないし舌の使い方かもしれない。

自分の音を聞いて判断する。でもそれって結構難しい。

『いいじゃん!』と思ってた音が録音で聞いたら全然自分の出したい音と違ったなんてこともあります。

だからこそ録音して客観的に自分の音を聞くことって大事。

 

 

自分の判断を信頼する

f:id:ykaichi:20171122004855j:plain

でもいざ自分で「こうしたらもっと調子が良くなるんじゃないかな」と考えても自分で考えた事って正直不安になりますよね。

自分も「これで本当にいいんだろうか。」「もっといいやり方があるんじゃないか」と迷ってしまいます。

自分を信じることができればいいんですがなかなかそうわいかない。

 

 

失敗したくないから

f:id:ykaichi:20171122004439j:plain

なぜ自分を信じられないのか?大抵は失敗を怖がってるからなんです。

練習で上手くいかないのは正直嫌ですし調子たて直さなくちゃいけないし大変。

でもこのままじゃ上手くなれないですよね。

 

 

同じ失敗を繰り返すよりも経験していないことをする

f:id:ykaichi:20171122004706j:plain

  自分の考えてやったことが仮に上手くいかなくてもまずは挑戦してみる。

失敗を恐れて同じことをグルグル繰り返すよりかは新しい経験をする。

もしかしたらそれが今後上達のきっかけになるかもしれません。

 

   

 

 

まとめ
  • アンブシュアは確かに大事だけれどその前に自分の音を聞くことが大切。
  • 調子がおかしいと感じた時はまずは落ち着くこと。冷静に。
  • 録音をして自分の音を聞いてみること。
  • 失敗を怖がってすぐにアンブシュアのせいにするんじゃなく自分の考えたことを試してみる。
  • 同じ失敗よりも新しい経験をする!

 

参考にしてみてください。それでは!

 

 

 

  個人レッスンやってます!申し込みはこちら!↓ 

ykaichi.hatenablog.com