ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習とは自分が望む目的のために必要なことをすること

f:id:ykaichi:20171119130055j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

大学生の頃ずっと繰り返し反復することだけが練習なんだと勘違いしていたんですが(もちろん習慣になるまで反復するっていう意味も練習にはあります。)

 

特定の行動をより能率的に行うために,あるいは特定の習慣を形成するために一定の行動を反復して行うこと。練習による行動の変容過程は,学習曲線と同じように,横軸試行回数縦軸に作業量の測度をとり,いわゆる練習曲線として描くことができる。

kotobank.jp

 

 

でもそれだけじゃなくて自分の望んでいることのために自分にはなにが必要なのか。

それを見極めて身につける。そういう意味も含まれてると思う。

 

 

 同じことを繰り返しやるのではなく学んで積み重ねる

  自分にとっていいことだけじゃなくて一見苦しいこと辛いと感じることも練習しているとたくさん経験します。 

でもそれはダメなことじゃなくて落ち込んだり迷ったり音が出なかったりとにかくたくさん失敗してきたことは今思えば自分には必要な事。

ホルンが上達するための課程だったんですね。

 

 

練習で一番大切なことは苦しいときに自分はどうしたいか

 「どうせ自分じゃダメなんだ。」「もうこれ以上ホルンが上手くならないかもしれない。」こう思っていたときはホントに練習しても上手くなりませんでした。

というか実際は上手くなってたのかもしれないけど自分を否定してるんだもん。それを感じることはできませんでした。でもたぶんこれも必要だったんだろうな。自分を否定していた過去があるから今自分を信じることができる。

自分を否定していてもそれでも自分はプロのホルン奏者になりたいとどこかで思っていたんですよね。「なれるかどうかなんてわからないけどとにかく前に進まなきゃ絶対になれっこない。」どこかでそう思っていたからここまで練習できた。

 

  苦しいときこそ自分のホントの望みがみえた

f:id:ykaichi:20171119130406j:plain

 「自分じゃどうせできない」「無理に決まってる」「練習したって失敗するに決まってる」じゃあ辞めたらいいじゃんって話ですよね。練習しなきゃいい。でもなぜかここまで続けてこられた。それって結局自分が 本当に望んでいることだからだったんです。

だからこそ苦しくなる。辛くなる。 その辛さに向き合うのかどうかが今まで問われていたんです。

 

 自分の望んでいることは恐いけど面白い

f:id:ykaichi:20171119125940j:plain

プロのホルン奏者になろうと自分で本格的に勉強を始めた時もブログ始めたときも最初はめちゃくちゃ恐かったしできないことばかりで辛いこと、苦しいことだらけでした。なにやればいいのかわからない状態なんだもの。そりゃそうですよね。

でも少しずつ自分にできることが増えていったりできないことができるようになったりするとどんどんホルンもブログも面白くなっていきました。

 

  まとめ 

自分の望んでいることをすることは自分が楽しいと感じることではなく実は一番苦しくて恐くて辛いと感じること。でもそれと正面から向き合って行動に移せば辛いと感じていたことがどんどん面白くなっていく。

じゃあ自分と向き合うためには?行動に移すためには?ホルンが上手くなるには?本番成功させるためには?プロになるためには?

こうやって自分が望んでいることのために自分に必要なことはなんだろうと考えて行動していくのが練習なんだ。それでは!

 

 

  個人レッスンやってます!申し込みはこちら!↓ 

ykaichi.hatenablog.com