ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習で最初から完璧にできなくていい。全体像をまずは掴もう!

 

f:id:ykaichi:20171115093142j:plain

 どうも!かいとうゆうきです。自分はホルンの練習するときついついどうでもいい細かいところに意識がいってしまいがちになります。

「そこはそんなに気にしなくてもいいじゃん」ってところほど気にするし、逆に「いやそこは気にしとこうよ」みたいなところほどあまり意識がいってなかったりする。

 

 

 ついついアンブシュアを気にしちゃう

 

 調子が悪い時だけじゃなくて、もっと自分が上手くなっていきたいとき、アンブシュアが悪いから上手くならないんだと考えてしまっているんですよね。

  • 息の使い方(吸い方、吐き方)
  • 舌の使い方
  • ホルンの持ち方
  • 立ってるときまたは座ってるときの姿勢
  • 音楽

ちょっと考えただけでもホルンを吹くときにアンブシュア以外にこれだけ影響してるところがあるんです。なのについつい気にしちゃう。

 

 

 

最初から完璧にはできない 

 

練習は本当なら自分ができないところが出てくるはずなのに最初から完璧に演奏することをどこかで目指していたんです。

できないところに取り組むのが嫌だったのか、できないとどこかであきらめていたのか失敗を恐れてしまうようになっていました。そりゃなかなか先に進まないわ。 

 

 

 

 ある意味最初はざっとでいい

 

 どこか荒削りでもいい。できないところがあってもいい。まずは練習するときは取り組むものの全体像を掴む。

 曲練習

これから取り組むのはどんな曲?

曲のテンポはどのくらい?

曲の流れはどんな感じ?

自分が吹けるところはどこ?

上手く吹けない場所はある?

 

 基礎練習(ホルンを吹くにはどんな練習が必要だろう?)

 

 

細かいところは後から削って磨いていけばいい

 

f:id:ykaichi:20171115093531j:plain

 もう少しこうしたほうがいいというところは練習していれば必ず出てくる。それをやらないように最初から完璧を癖付けようとすることがどこか変だったんです。ホルンが上手い人は最初からアンブシュアもちゃんとできてて練習してなくてもスラスラとできるんだろうなとどこかで思っていたんですよね。実際いい癖だけを身につけていければこんなにいいことはないのですが演奏技術を身につけるうえでは自分で試行錯誤していく必要があるんですよね。それなりに。

 

 まとめ

 

最初から上手くいくことはあるかもしれないけれどもしもそうじゃないときはまずはざっとでいいから細かいところじゃなくおおまかな全体像をまず掴む。

必要ないところは削っていけばいいし必要なものはそれを磨いていけばいいんだ。それでは!