ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

エチュードをさらうのは1小節でもいい。でもできるだけ丁寧に練習してみよう

f:id:ykaichi:20171108005036j:plain


どうも!かいとうゆうきです。

 

エチュード(練習曲)をさらうとき最後まで通して吹いてなんとなくやった気になっていませんか?

 

エチュードを練習してると下手になる。」

 

「なぜか調子を崩してしまう」

 

もしもそう感じているとしたらエチュードへの取り組み方を少し変えてみてほしいんです。

 

何回練習しても上手くなるどころか下手になった

自分も練習してるのに全然上手くなる気配すらないことがありました。これはどういうことなんだろうと、どんどんエチュード嫌いになっていきました。でもそれは練習の仕方が今まで間違っていただけだったんですよね。

 

エチュードは曲を通すのが目的じゃない

エチュードを人前で演奏する場って大学の試験は吹く機会はありますが、基本的にエチュードって練習用なんです。

演奏会で演奏するために書かれたわけじゃないんですよね。だからエチュードで練習した経験を積み重ねて学ぶというのが本来の使い方なんです。

 

 

最初は無理に最後まで通さなくてもいい

 

f:id:ykaichi:20171108005342j:plain

 

 自分もエチュ-ド練習していてなかなか吹けるようにならないなと悩んでいた時期がありました。エチュードの中には簡単な曲だけじゃなく「これはめちゃくちゃ難しい」っていうものもあります。得意不得意があったりします。でもそういうときはいきなりエチュードを最後まで通す必要はなくてとにかく丁寧に練習することが大切なんです。

 

 できるところまでで構わない

  エチュードは自分自身を見直すきっかけになるんですよね。上手く吹けないときはなにか問題があるか、自分になにか足りてないことがある場合が多い。

なので自分は 練習していて難しい場所が出てきたとき、何回も繰り返し練習するんじゃなくて、途中途中区切りながら練習しています。でもそのときはどうして最後まで吹けるようにならないのかを考えます。

 

  • 練習の方法
  • 吹き方
  • 音楽の捉え方

 

原因はいろいろ考えられますが、ホント1小節しかできないとしても

曲の中にはアクセントであったり、スタッカートであったり、テンポ、音の長さ

など 学んでいける部分があるんですね。

だからただなんとなく通して吹くよりも1小節でもいいから技術の精度を上げていったほうが最終的にエチュードが通せるようになっているし、楽器の技術も身についてる。

 

 

   まとめ

自分が嫌いだったエチュードでも考え方次第で上達することができます。

  •  エチュードは最後までできなくても落ち込む必要なし。
  • ゆっくり丁寧に1小節でもいい

 

是非参考にしてみてください。それでは!