ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

「ホントは嘘なんじゃないか」と相手を疑ってしまうときは自分をどう思っているかじゃなく自分がどう思いたいかを意識してみて

f:id:ykaichi:20171103063946j:plain

どうも!かいとうゆうきです。

褒められたり、励まされたり、応援されたりするとその時は嬉しいけれどでもそれは本当なのかどうか気になりだすと、「実は嘘なんじゃないか」「やっぱり自分はダメなんじゃないか」とどんどん悪い方悪い方に考えて相手を疑ってしまう方へ。もう少しだけ自分を信じてみませんか?

 

 

相手の心理を知ろうとしてもただ辛くなるだけだった

 

f:id:ykaichi:20171103022226j:plain

正直なところやっぱり気になりますよね。本当のところ相手が自分をどう思ってるのかって。でも自分もそれを知ろうとすればするほど自分を痛めつけてただ悲しくなるだけだったんです。今思えば 本当のところを知った気になって他の人とは違うんだと慢心していました。

 

 

 誰かを思ってついた嘘は大切な誰かを願う優しさ

 

f:id:ykaichi:20171103022114j:plain

「本当のところ自分はこう思うけどそれを言ったら嫌われてしまうかも傷つけてしまうかも」ってときありますよね。

人には感情があるんです。

だから本当のところってなかなか言えないしわからない。

ただ理解しておくといいのは大切だから相手にはこうあってほしいと願っているからこそ嘘をつくときもあるということなんです。

 

相手が自分をこう思ってるからしょうがないじゃ何も変わらない

 

でも「ホントは嘘なんだ。」「やっぱり自分はダメなんだ。」のままじゃなにも変わらないですよね。ある意味それがなんなんだということなんです。

別にそれが嘘だったとしてでもいいじゃないって思う。それよりも大事なのは自分がどう思いたいのかなんです。

 

 

ホントはどう思いたいのか?

 「自分はできるんだ」って自信を持ちたいですか?

「いいじゃん。この調子!」って自分を褒めたいですか?

「こんなのまだまだだ」って自分に厳しくしたいですか? 

「自分ってスゲー」って自分に酔いしれたいですか?

  あなたは自分のことをどう思いたいですか?どんな自分なら好きになれそうですか?

 

 

嘘も行動次第で本当になる

f:id:ykaichi:20171103022926j:plain

確かにプラスの感情にはある意味嘘が含んでいたりします。でもそれが本当かどうかなんて気にするなんてホントしょうもないことなんです。

そのときそれは嘘だったのかもしれないけれど自分の行動次第で本当にすることもできるんですから。それではまた!