ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

どんなに悩んでても悩みは解決しない

 

f:id:ykaichi:20171018084348p:plain

 

どうも!かいとうゆうきです。自分がどれだけ練習しても上手くなれなかったりするとついつい「自分はなんてダメなんだ」と悩んだり落ち込んでしまいますよね。

「周りは自分よりも上手だしそれに比べて、、、」もうこんな風に考えるようになったらせっかく大好きな楽器も楽しくなくなります。グルグルと同じことで悩んでしまいますよね。

 

 

 

 悩めば悩むほどつらくなる

 私自身も大学にいたとき、どうして練習してもできないんだろうかとそれは悩んでばかりいました。ホントどんどん落ち込んでやる気もなくなっていく。練習なんてほとんど身になりませんでした。貴重な4年間もっと時間を使えたはずでした。

 

 

 悩むんじゃなく考える

f:id:ykaichi:20171018083903j:plain

 どうしたら自分にもできるのだろうか? 

どうやったら吹けるようになるのだろうか?

こうやって自分の可能性を信じてできる方法を試行錯誤する。そうすると悩みは意外とすぐに解決してたりします。

 

 

 変わることはすぐにできなくても落ち込まない

とはいってもまたグルグルと悩んでたりする時もあるんですね。変わるってすぐにできたら嬉しいけれど、できなくてもそれはある意味しょうがない。今まで「悩む」という考え方をしてきたのに、いきなり「どうしたらできるんだろうか?」ってすぐに考えられるようになったらある意味すごい。

 

 結局自分で選んでる

 

でも自分がグルグルと悩んでいたときって結局悩みたいだけだったりするんですよね。「こんなに辛い思いをしてる自分をわかってー!」てね。

ホルン奏者ごんざゆういちさんのブログをよく読んでいるんですけれど、ホントこれなんだなあって思う。

 

 

  終わりに

 

 悩みを解決するには悩んでいるその考え方自体を変えてあげると悩みは無くなります。変わるのは時間がかかるけれど少しずつでいいので「どうしたらできるんだろうか?」と考えてみてほしいんです。

ホント悩んでても一歩も前進しないから。時間がもったいないですよ。それではまた!