ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

ホルンの音を出すときは思い切りも大事

f:id:ykaichi:20171018013638j:plain

どうも!かいとうゆうきです。先日アレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてきました!

今まで音を出すときどのくらいの息で、どのくらいの口の閉じ加減で吹くのかを悩んでずっと考えていたんですけれど、答えが見つからず。でもどうやらそれは考え過ぎだったみたいです。

 

 

あんまり考えないで吹いた方が上手くいった

レッスン中音を出す準備をしっかりしてここなら吹けるタイミングで吹くのと不意をつくって少し音を出すタイミングをずらして吹くのを何度か試しました。その結果少し音を出すタイミングをずらしたほうがいい音が出たんです。

 

 

 あとぶくれの原因は準備しすぎ

 

 今まで音があとぶくれみたいに聞こえていて息の吹く込みすぎが原因だと思ってたんですが、どうも準備しすぎにあったみたいなんです。音を出すとき必要な力を思い切り使えてなかった。

 

 

 

まとめ

音を出すとき準備するのは大事ではあるけれど、準備しすぎて逆に吹きづらくなることもある。こういうケースもあります。あれこれ自分が考えてしまうよりも前に吹く。

参考にしてみて下さい。それでは!