ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

考えていることは行動に影響してしまう件について

どうも!かいとうゆうきです。だれかに何かを言われたからやるとか悔しくてやるとかじゃなく純粋にやってみたいという気持ちを練習では大事にしたいのですができないことがあるとなぜか悔しくて克服してしまいたくなる自分がいるんですね。いつもその自分とどう向き合うかを意識してはいるものの気がつけばできないことをどう克服するかの練習になってしまう。

 

 

f:id:ykaichi:20171016011505j:plain

 

 

やりたいことは克服すること?

ずっとできない自分をどうにかしたいと思って練習してきたしそうそう簡単に考え方を変えるのは簡単じゃない。こんな風に考えてしまうのも正直無理ないかなとも思うんですよね。

 

 

ホルンはできることはなにかを探してみつけたものだった

 

 

今思えばホルンは「自分にできることはなんだろう?」と探してきてやっと見つけられた最初のものだったんです。始めた頃はめちゃくちゃな吹き方だったし音も変な音だったけれど、練習したらしただけどんどん上手くなっていけたしホルンパートの先輩方から褒められたり。思えばそこからホルンにハマリだしました。

プロを目指すと中学の担任の先生に伝えたらそんなの無理だといわれて悔しくてここまできたけれどただ根本に流れているのは悔しさというよりも認めて欲しい気持ちの方が強いということに気がついたんです。

 

 

 もっとこんな風に吹きたい!という理由で上手くなってたわけじゃなかった

 

 

 ただ上手くなって褒めて欲しかっただけ。最初はそれだけが上手くなりたい理由だったんです。根本的にもっとホルンでこう吹きたいという望みから上手くなりたい訳ではなかった。次第にプロの演奏家を意識し始めましたが今思えばそのころの考え方を変えられていなかったみたいです。

 

考え方は行動に影響する

 

 普段何を考えているかによって自分自身の行動って大きく影響ってしてきます。僕自身褒められたいという理由で今まで練習してきたためどうなるかというと結局のところ自分がどう吹きたいかが浮かんでこない訳です。レッスンで「こうやって吹いて」とか言われたり自分で吹けるようにしないとダメだと感じたりするとなんとかできるように練習したり、反対に褒められたりするとそこで満足しちゃうため練習しなくなる。自分がやりたいかどうかは別としてです。

 

 

 どんな音楽がしたいのか、どうなりたいのか?

褒められたいと思ってしまう気持ちをなくすことなんてできないけど自分はどんな音楽がしたいのか,目指したいところはどこなのかを考えることはできる。

 

 

 

まとめ

自分のことまだ全然理解できてない。まさか今まで考え方を変えられてなかったとは、、でもそのことに気が付いただけ一歩前進かな。それではまた!