ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

結果よりも過程を大事にしてみよう!

 


f:id:ykaichi:20171007085732j:plain

どうも!かいとうゆうきです。楽器の練習方法として反復練習ってありますよね。上手くいった部分をなんども体が覚えるまで繰り返し練習するアレです。この練習方法を取り入れる時に実は注意した方が良い点があるんですね。

 

感覚を覚える×プロセスを覚える○

f:id:ykaichi:20171007085818j:plain

 多くの場合上手くいった感覚を反復して覚えようとしますよね。たしかに筋肉を発達させるためにある程度の反復は必要だと感じます。ですが上手くいった時の感覚を掴みにいこうと反復練習はしないほうがいいんです。

  

 

感覚は当てにならない

吹いていて上手くいったと思ってもよくよく録音で聴いてみると「あれ?思っていた演奏と違う」なんて経験ってないでしょうか?以外と吹けているつもりが吹けてなかったり、逆に調子悪いなと感じていてもなんかわからないけど上手く吹けてしまった経験ってないですか? 自分の感覚って結構ふわっふっわしてますからそれを頼りに反復練習すると上手くいかないんですね。アレクサンダーテクニークのレッスンではよくプロセスを踏まえるように言われます。

 

  

自分が上手く吹けていたとき考えていたことはなんなのか

 

f:id:ykaichi:20171007085951j:plain

 

楽器が上手く吹けているときあなたはどんなことを考えていますか?

 

  •  音色のイメージ
  • テンポ 
  • アンブシュア
  • 息の流れ
  • 舌の付き方
  • 舌の位置

 など色んな事が考えられると思います。練習で上手くいったとき体で覚える前にまず頭で上手くいった課程を理解することが必要なんです。そしてそれが理解出来たらそのプロセスを何度も反復する。そうすることにより体も反応してくれるんですね。

 

 

最後に

勘違いしないでほしいのは感覚を頼りに吹くなってことじゃなくて自分の感覚だけを頼りに吹くのはあんまりおすすめしないよってこと。ちゃんと録音などのフィードバックをして自分が今どうなっているのかの理解すれば感覚はあなたの素晴らしい味方になりますよ!それでは!