ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

上手くなっているのになぜか周りに認められない気がする方へ まずは上手くなった自分の演奏を聴いてもらう機会を作ろう!

 

f:id:ykaichi:20171005010834j:plain

どうも!かいとうゆうきです。練習して上手くなっているはずなのに周囲の反応がいまいち。おかしいホントは上手くなっていないんだろうか?と自分に自信がなくなっていく。あなたはこんな悩みを抱えていませんか?

 

自分が上手くなっているかがわからなかった

 私も同じような経験があります。自分では上手くなっていると思ってるのに周りから言われないと自分に自信が持てず落ち込んでしまう日々を過ごしていた日々がありました。本当は全然上手くなってないのか?むしろ下手になってるのか?と悩んでしまっていたんです。でもそれは自分が上手くなってるかが自分でわからなかったからでした。

 

 上手くなるとは?

上手くなるといっても「吹けなかった曲が吹けるようになる」 「出せない音域が出せるようになる」「音が響くようになる。でもこれ全部変化するということなんです。それを自分でちゃんと感じ取れていなかった。

 

 

上手くなったから認められる訳じゃない

 

上手くなっている。あとは本番で思い切りやればいいだけなんです。自分の演奏を聴いてもらうことで初めて認められる機会がある。本番を成功させて初めて認められる。

 

 

 

最後に

 

  • 上達すること=変化すること
  • 認められたいなら本番を成功させること

 

それでは!