ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分を観察するとホルンが上手くなる!

どうも!かいとうゆうきです。

自分がどうやってホルンを吹いているのかを知っていく。そうすると上達へのヒントに気付いたりします。

 

 

 

 これまで3つも気づくことができた!自分でもホルンが上手くなってる感じなんですね。

 

「自分がどうやって吹いているのか観察してみて」

 自分が観察しようと思ったきっかけはアレクサンダーの講義でした。自分ができるようになったことをなんとなく吹いてたみたいなんです。 自分がどうやったらそう吹けるのかを理解できてなかったんですね。でもそれじゃいけない。

 

 自分を観察をしてみて 

 

f:id:ykaichi:20171003011403j:plain

 

実は 自分を観察するのって抵抗があったんですね。知ってしまったらいけないような気がしていたんです。もしかして音が出なくなるんじゃないかくらいまで思ってました。でもそんな心配は必要なかった。むしろ音が出しやすくなったしホルンも上手くなったんです。

 

 

 最後に

 自分を知るってちょっと恐い。だけどそれによってホルンも上手くなっていく。「とにかくたくさん練習する」だけじゃなくて 一歩立ち止まって「自分がどう吹いているか」に目を向けてみるとホルンを吹くのが楽しくなっていきますよ!

 

 それでは!