ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音を出すとき唇の振動がホルンに伝わる順番を意識してみよう!

 

f:id:ykaichi:20170927012201j:plain

 

どうも!かいとうゆうきです。ホルンを練習していて唇の振動はホルンにどう伝わるのかを考えながら吹くと音にかなりの変化があったのでシェアしたいと思います。

 

唇の振動が伝わる順番

ホルンって唇が振動することによって音が出ます。でもその唇の振動が一番最初に伝わるのって当たり前ですがマウスピースなんですよね。

 以前まで音を出すとき私はこのように考えていたんです。

唇が振動する→ホルンの音が出る(なんともまあ当たり前すぎる。)

ですがこう考えを変えてみたんです。唇が振動する→振動がマウスピースに伝わる→マウスピースに伝わった振動がホルンを共鳴させる。

今までマウスピースの存在をすっかり忘れていたんですね。今までよりも音が出しやすく感じますし、音がかなり変わった気がします。

 

考え方を変えるだけで音は変わる

 

練習するとき「次はこうしてみよう」、「こうやってみたらいいんじゃないか」って考え方を変えるだけでホルンは上手くなっていけるし、練習ってどんどん楽しくなっていく。今回はマウスピースでしたが他にもまだまだ自分がみつけていないことがありそうです。

 

最後に

唇の振動がマウスピースに伝わることでホルンに振動が伝わりホルンを共鳴させると考えながらホルンを吹く

是非一度試してみてください!

 

それでは!