ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分自身がどこまでいけるか

f:id:ykaichi:20170925120023j:plain

どうも!かいとうゆうきです。私はホルンが最初から吹けたわけでもないし今思えばどちらかといえばめちゃくちゃ下手だったです。でもここ1、2年でホルンもようやく吹けるようになってきてこうしてブログを書いたりできるくらいまでになることができました。でも正直自分はかなり出遅れたと思う。

 

練習になってなかった

音大に入ってホルンを吹いていたものの正直その頃はまだ自分から練習するということが出来てなかったんです。誰かがみているからとか、先生にいわれてだとか

自分から練習するときはホントに適当にしか練習してないし吹いたり吹かなかったりしてたし、これじゃあ上手くなるはずないです。

 

 ようやくホルンの吹き方が理解できるようになった

 

自分からやらないとダメなんだってことに気が付いたのがここ1、2年話。それに気が付いてからは面白いようにホルンが上手くなっている実感があります。

でも正直自分がどこまで上手くなれるか不安だし自分は出遅れた分どうやって練習したらもっと上手くなれるか、楽に吹けるかということを他の人よりも考えていく必要があるしブログにも書くことでみてくれた人が楽器が上達する何かのきっかけであればいいなと思う。

 

出遅れた分をとりもどす

自分がどこまで上手くなれるかなんて自分が一番わからないし 

自分のことを自分であきらめてしまったら上手くなんてなれないから

プロのホルン奏者を目指してこれからも練習していく。

 それでは!