ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

どう演奏したいのかを明確にする

どうも!かいとうゆうきです。

今回は演奏表現についてアレクサンダーテクニークのレッスンで自分が今まで疑問に感じていたことが解決した話を書きたいと思います。 

実は自分の音がなんだか子供ぽく感じることをずっと疑問に感じてきたんですね。

「自分の音が幼稚に聞こえてしまうんですけどどうしてなのかわかりません」

とレッスンで思い切って先生に聞いたんです。

 

 

演奏する前に自分がどう演奏したいのか

 

f:id:ykaichi:20170917015311j:plain

 

さっそくレッスンで吹いてみることに、、 

~♪♪♪

 すると先生から

 

「テンポゆっくりにして吹いてみて」とのアドバイス

 

(テンポゆっくりで演奏する)

~♪♪♪

するとまた先生から

 

「スラーはどこまでかけてどこで切るか決めてる?自分がどう演奏したいのかもっと具体的にして自分で意志決定し続ける必要があるよ。雰囲気で演奏しちゃうと子供っぽくなるからね」

 

考えていたけれど決めてなかった

 

 今まで他の人の演奏を聴いて真似したり

楽譜の調性を自分で調べたりして

どうやって吹くかを考えてはいたんですが

自分がどうやって吹くかを決めて吹いてはいなかったんです。

どうやって吹くか考えていれば自然と表現できると今まで考えていたからです。

 

 

アナリーゼをしてなかった

 スラーの切り方は? 音の長さはどのくらい?

音量は?音符の長さは? 曲の調性は?

このような

曲がどういうことで成り立っているのかを調べることを

アナリーゼと言うそうです。

 

初めてアナリーゼの意味を私はそのアレクサンダーのレッスンで知りました。

 アナリーゼをせずに雰囲気で吹いてしまうと音が子供っぽくなったりしちゃうんですね。今まで結構雰囲気で吹いてた。だから音が幼稚に聞こえたんですね。

 

最後に

 

  • 雰囲気で演奏すると子供っぽくなる
  • アナリーゼをしっかり
  • どう吹きたいかを吹く前に決めて演奏する。

 

それでは!