ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習していても上手くいかないことがあったとしたら心にとめておいてほしい2つのこと

 f:id:ykaichi:20170913020352j:plain

 

どうも!かいとうゆうきです。「練習していても上手くなっていかない」もしもあなたがこのような状況にいるとしたら正直つらいですよね。あんまり楽しくないですよね。僕も「上手くいかないこと」=「たんなる情報」だということを知っていたらどんなに心が楽だったんじゃないかなって思うんです。

 

失敗はいけないことだと思い込んでいた

僕もずっと練習していても上手くいかないこと=いけないことだと思い込んでたんです。だから失敗するのが恐かったし、練習していて上手くいかないことがあってもどうしていいのかわからなかった。自分の可能性をすぐに諦めてました。

 

 

上手くいかないことがあってもすぐにあきらめないで

 練習していてもどこかで自分をあきらめてるとホントはやれるのにすぐにやめてしまったりホントはできるのにできないって思い込んじゃいやすい。上達するうえでまず自分の可能性を信じることが必要なんです。

 

失敗は情報

タンギングがはやくできない。高い音が出ない。これってホルンが上手くなっていくための大事なヒントなんです。じゃあなんで高い音が出ないのか?なんでタンギングがはやくできないのか?上手くいかない原因を分析し考える事で上達するきっかけになるし練習で落ち込んだり悩んだりする事って減っていきます。

 

最後に

あなたがもしも「練習していても上手くなっていかない」と感じているとしたら

  • 自分が上達するという可能性を信じること
  • 上手くいかないことは上達のヒント

 まずこの2つを意識してみてください。

それでは