ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分のアンブシュアを改善したとき意識した3つのこと

 f:id:ykaichi:20170905013305j:plain

どうも!ホルン奏者兼アレクサンダーテクニーク教師見習いのかいとうゆうきです。

金管楽器を演奏されている方なら誰しもが必ずと言っていいほど悩む道

アンブシュア

「きれいで吹きやすいアンブシュアを身につけられたらどんなにいいだろう。」

あなたも一度はこんなことを思ったことはないでしょうか?

でもどんなアンブシュアがいいのかなんて正直わからないですよね。

それに変えようと思ってもそもそもアンブシュア変えるのって恐いですし

そうそう簡単に変えられませんよね。 

私自身もいまだアンブシュアについて問題を抱えていたりするのですが

実は以前よりもアンブシュアが良い方向へ改善してきたんです。

今回はその理由というか

これやったからじゃないのかなあってことがいくつか思い浮かんだので書いていきたいと思います。

 

 

意識だけしててもだめ

 以前の私は

アンブシュアは意識さえしていれば自然に身につくものだと考えていました。」

 

「あごを張って~」

引っ張り過ぎず寄せすぎず~

自分ではこういうことをめちゃくちゃ意識していても

実際には口を引っ張りすぎてたり口を寄せすぎてたり

本当にできていなかったんですね。(悲しすぎる、、、)

意識をしたからといってその通りに体が動くとは限らないんです。

 

アンブシュアへのアドバイスをそのまま鵜呑みにしない

  •  引っ張りすぎず寄せすぎず

  • アゴを張って

というような教則本に載っている言葉やレッスンでアドバイスされたことをそのまま鵜呑みにして意識していたんです。

アゴを張ってと言われたらアゴを張る事だけ意識してたんです。

そうではなく自分が今どう吹いているのかを観察し

どうしたらその状態に近づけられるかをまず考えました。

アンブシュアの良し悪しは最終的に音で判断するもの

 アンブシュアを改善するといっても

音を聞いたときに「あ!これは自分が出したい音じゃないな」

「なんだか吹きにくいな」と感じたとき

アンブシュアをほんの少し調整してあげるくらいにしたんですね。

口を引っ張り過ぎかもしれないし寄せ過ぎかもしれないし

真ん中がいいって意味じゃなくて

自分が出したい音を出すときどうしたら一番いいのかってことで

例えば

明るい音を出したいのに 口を寄せすぎていたら出にくいし

反対に口を引っ張り過ぎてると響きのある音が出したいのに出にくくなるってこと。

 

最後に

  •  意識だけじゃなくて実際に自分がどう動いているのかを知る。

  • アンブシュアへのアドバイスは鵜呑みにせず音で判断する。

参考にしてみてください!

 

それでは!