ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

楽器が上達しない3つの原因と上達する3つのヒント

どうも!ホルン奏者兼アレクサンダーテクニークを勉強中のかいとうゆうきです。

 

 

f:id:ykaichi:20170902012504j:plain

 

今回は楽器が上手くなる方法ではなく

楽器が上手くならない原について書きたいと思います。

 

もしもあなたがこれに当てはまっている場合

 

毎日練習していても上手くなるどころか

以前よりも音が出なくなると考えられます。

すぐにでも改善することをお勧め致します。

また

読み進めて頂ければ、あなたが今後練習する上で

上手くなっていけるヒントが見つかるはずですので

是非ご参考にしてみてください。

 

 

 楽器が上手くならない方法その1 

息の勢いだけで音を出そうとする

 以前の自分はこんな事を考えていました。

 

  • 楽器に息をたくさん吹き込む。
  • 楽器に息をたくさん入れる。

 レッスンでも「息をたくさん入れて」とアドバイスされこれが正しいんだと信じ切っていました。

でもそれは間違いでした。

確かに音を出すためには息は少なからず必要です。

なぜなら唇を振動させるのは息だからです。

ですがこの考え方には大きな落とし穴がありました。

 

息のコントロール力を考慮した上での息入れて

 

実は息が必要だと言っている方達の息というのは

息のコントロールのことです。

 

  • 息の量
  • 息のスピード

それらを自在にコントロール出来るから音が出る。

 息を吹き込んでしまうと経験上アパチュア(息の通り道)が広がってしまい音が出にくく、仮に出たとしても

  • 音を滑らかさ
  •  タンギングを早さ
  • 発音をクリア差
  • 音量の幅

に影響が出てしまいます。

実は息ってそんなに必要ないんです。

 

 楽器が上手くならない方法その2

~だけ練習する

 

練習方法には様々なものがありますよね。

 

どれも楽器の腕を上達させていくために必要な基礎練習です。

ですがこの基礎練習もやり方を間違えてしまうと

途端に逆効果になってしまうんです。

 

 

 

特に練習で上手くいかなかったりするとそこだけを練習するという

(お恥ずかしながら自分もそうなってしまいがちなのですが)

 この

上手くいかないところだけを練習する

というのは

一見して上手くなりやすく感じますよね。

ですが

楽器を吹くためには

~だけという思考では上手くなれないんです。

 

 

  これだけでは音を出す際の息とアンブシュアのバランスが崩れやすくなってしまうんです。

もちろん1つに絞って極めてみる時間というのは大切なのですが

残念ながら1つの練習方法だけでは上手くなれない。

 

練習はバランスが鍵だからです。

 

  

楽器が上手くならない方法その3

 練習の仕方が雑

 その2でも書きましたが、

練習というのはやり方を間違えると逆効果になってしまいます。

メトロノームを付けて練習をしていなかったり、

自分の理想とする音や音楽をイメージ出来てなかったり

録音などをして自分が今どうなっているのかというのをしっかり把握出来ていなければ

基礎練習も曲練習もただの骨折り損のくたびれもうけになってしまいます。

むしろ自分を下手にしかねません。

 

 理想の自分の音や音楽を想像し自分の音を自分で聞いて正確に判断する

これがないとどんなに練習したところで上達していけません。

 

 

  

 以上が楽器が上手くならない3つの方法でした!

(練習しているのになかなか上手くならないという方は

以下の3つを一度点検してみてください。原因はこんなところにあるかもしれません)

 

それでは!