ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音を響かせる=息を沢山吹き込むことだと考えるのはすごくもったいない

どうも!ホルン奏者兼アレクサンダーテクニーク教師見習いのかいとうゆうきです。

 

突然ですがあなたは

音を響かせる=息をたくさん吹き込むことだと考えてませんか?

 

もしそうだとしたら

ちょっと

いやだいぶもったいない。

実は音を響かせるのに実はそんなに息は要らないんです。

 

 

音を響かせるために息をとにかくたくさん吹き込んでた

 

f:id:ykaichi:20170831002741j:plain

 

自分も音を響かせるためにはとにかく息を吹き込むことだと考えていたんです。

それはもうとにかく沢山息を楽器に吹き込んでました。

そうすることで自然と楽器が鳴ってくれると考えていたからです。

でも実際はまったく逆。

音が響くどころかただただ音が散っていました。

 

 息は吹き込まなくても唇は振動する

 

f:id:ykaichi:20170831002825j:plain

 

試しに楽器を付けずに唇をブルブル震わせてみてください。

息どのくらい必要でしたか?

めちゃくちゃ少なかったと思います。

そのくらいの量でも実は唇は振動はするんですね。

つまり息を吹き込まなくても音って出るんです。

 

音を響かせる=息を吹き込むって

めちゃくちゃもったいなくありませんか?

 

あなたが音を響かせようとしてたくさん楽器に息を吹き込んでいるとしたら

その息減らしてみると楽に音が響いてきますよ!

 

それでは!