ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

成長する=常に新しいことで悩み考え行動すること

どうも!

ホルン奏者兼アレクサンダーテクニーク教師見習い中のかいとうゆうきです。

 

もっと楽器が上手くなりたい。 

もっと成長したい。

自分で色々と工夫して練習してみてはいるけれど

でもホントに自分が進歩出来ているのか

成長出来ているのかわからなくて不安。

 

 

 「あなたは普段こんな悩みを抱えていませんか?」

 f:id:ykaichi:20170827002326j:plain

  

bodychanceの校長ジェレミー・チャンスさんがこんなことを言っていました。

自分も思わずハッとした。

「どれだけ進歩しても悩みはなくならない。次から次へと新しい問題が降りかかってくる。でもそれは歓迎すべきことなんだ。同じ事で悩んでくよくよしているのが一番楽しくない」

 成長はどれだけ新しい問題に直面できたか

成長したらした分だけ悩まなくなるのではなく

むしろ 

 逆なんです。

 

 新しい悩みは自分が変化した証拠

f:id:ykaichi:20170827001823j:plain

 

【ホントに進歩できてるのか】

【成長出来てるのか】

 

自分が本当に成長できているのかって不安になりますよね。

 でも

 

新しい悩みが自分が成長したことを証明してくれてるんです。

 

 どこまでいけば上手くなったって言えるの?

 

楽器の 練習をしていてもどこまでいったら自分が上手くなったのかって自分ではなかなかわかりづらかったりしますよね。

その時にガイドになるのが

実は新しい悩みや課題なんです。

 

「ヨッシャー新しい悩み出てきた!」って

もう喜ぶべき事なんですね。

自分が上手くなった証拠なんです。

 

 もしもあなたが「上手くなったら悩みがなくなる」と考えているのなら

その考え方を変えてみると練習がもっと面白くなりますよ!

 

それでは