ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分の音を聞くときは聞こうとしないこと

 

f:id:ykaichi:20170825233627j:plain

 

どうも!かいとうゆうきです。

自分で楽器の練習をするときには

 

自分の音を自分で聞くことが必要です。

 

でも自分の音を聞くって難しいですよね。

自分の音がどんな音なのか自分ではなかなか分からなかったりします。

なので動画などで録音したりして

自分の音を聞きますよね。

ただいつもいつも録音出来る訳じゃありません。

それに録音しなくても

ある程度自分の音を判断できると練習がはかどります。

 

  自分の音を聞こうとしていませんか?

   ぼくも今まで自分の音は意識して聞かないと聞こえないって思ってたんです。

でもそれは必要なかった。

アレクサンダーテクニーク教師の芹沢 紀美子さんから教わったことなのですが

自分の耳に入ってくる音って聞こうとしなくても耳に勝手に入ってこないでしょうか?

  • 自分の部屋のクーラーの音、
  • パソコンが起動してる音、

外に出れば、

  • 虫の鳴き声、
  • 車が道路を走っている音、
  • バイクのエンジン音

などなど

別に音を聞こうと意識をしなくても音って聞こえますよね?

 

楽器の練習をするときにも

 

 自分の音を聞こう聞こうと意識しない

意識しなくても耳に勝手に入ってくる。

 

自分の音がどんな音なのか

結構正確に聞こえてきますよ。

 

それでは