ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

音を当てようとするんじゃなくて自然に音が当たる状態を作る

 

f:id:ykaichi:20170821000007j:plain

 

どうも!かいとうゆうきです。

 自分自身まだ

「音を当てにいく」

ことをやっているなと練習していてふと思ったわけです。

 今まで音が出ていなくて不安で音が出ない=ダメみたいな

考え方でいました。

でも音が出ない=×とは限らないのでは?

 

音が当たってる=○で 音が出ない=×という物差しで考えていた

 

音を当てに行った結果音が当たるというのはそこに無理が生じています。

そうではなくて音が出なくてもいいからどうやって音を出すのか

方法を考えていってその結果音が自然と当たってしまう状態がベストなのではないかと思ったんです。

 

 

奏法はつまりそういうこと?

 今まで色んな先生方に師事してきて考え方も違えば吹き方だって違って

でもじゃあ自分はどうすればいいのかわかりませんでした。

何を吸収すれば良くなっていけるのかも解らないままでしたが。

 

音が自然に当たってしまう状態を作る事が

奏法を考えるときにひとつ重要なことなのでは?

と考えています。

 

 音が自然に当たるには

 

  • 唇が振動していること
  • コントロールがしやすいこと
  • 体が楽な状態であること
  • 表現がしやすいこと

等々

 そういうことをするためには何が必要か考えてみる。

 

まとめ

どうやったら唇は振動するのか

どうしたらもっと楽に音がコントロールしていけるのか

表現が楽に出来るのか

 それが大事なのかな

 それでは