Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習では~しなければいけないという考え方はやめよう

 どうも!かいとうゆうきです。

ホルンを吹いて現在フリーの演奏家として活動しています。

アレクサンダーテクニーク教師の資格も取得するため

今年4月から東京にあるBodychanceというアレクサンダーテクニーク教師養成学校

で体の使い方や精神面の事を学んでいます。

 

 

 

 

ホルンの練習の内容を決めるとき、

自分は~しなければいけないという考えにとらわれてるなーって気づいたんです。

 

 

~を練習しないとだめだ

 

~時間練習しなければいけない

 

毎日練習しないと上手くなれない。

 

ウオーミングアップしないと曲を吹いてはいけない。

 

 

 

別に練習は何から始めてもいいはず。

時間だって別に3時間とか2時間とか決まってるわけじゃない。

毎日練習するより、たまに吹かない日があってもいい。

それに必ずしもウォーミングアップしないといけないわけじゃない。

むしろいきなり曲を吹くこともいい練習になったりする。

 

 

 

 

なんだか僕は今まで答えだと言われているものに頼ってるだけなんじゃないだろうか?

 

  • 3時間は練習する
  • 毎日練習
  • ウォーミングアップ
  • エチュード

 

 

すごく理想的なようなでもどことなく違和感のあるこの感じ。

 

これがなんだか正解のように感じている自分がいます。

 

 

答えが大事じゃない。答えを探し続けるのが大事

 

 誰かの答えを聞いて 「これが正解なんだ」って思っていたのが間違ってたんです。

それは自分に当てはまることと当てはまらないことがあって

必ずしも

  • 3時間は練習する
  • 毎日練習
  • ウォーミングアップ
  • エチュード

 

これが自分に当てはまるとは限らない。(もちろん当てはまる可能性もあるんだけれど。)

 

 

それはやってみてわかることだし、

やらないと当てはまらなかったことさえ分からない。

もしかしたらもっといい練習方法があるかもしれないしそれは考えていかないとなぁ

 

 

それでは