ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

楽器が吹けなくなってしまい辛い時まず最初に意識するべきこと

  f:id:ykaichi:20170810191711j:plain

 

 どうも!かいとうゆうきです。もしもあなたが吹いている楽器が思うように音が出なくなってどうしたらいいのかわからずに悩んでいたら是非以下の文章を読んで欲しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕自身今まで3回ホルンが吹けなくなりました。正直音が出ない期間はめちゃ辛い。しかも自分の大切な時間もこれに大部分使ってしまった。なんとか今は上手く吹けるようになってきていますがこの経験は出来ればして欲しくない。

 

  

吹けなくなるとわかっていても無理してしまった自分

 

僕も吹けなくなると内心分かってても自分をやっぱり吹けないです」なんていったらかっこ悪いって思って無理させてしまったり、「ホントは出来ないのに、自分に嘘ついたり、ホントは分かってないのに、分かったフリしたり気がつけばこんなことを繰り返してました。「なんで!練習してるのにできないんだ!」って自分を騙して、、、

 

 

自分にもっと優しくなるべきだった

 

f:id:ykaichi:20170810191512j:plain

出来ない 辛くてホントは今にでも休みたい自分をもっと認めてあげるべきだった。ホントはツラかった。苦しかった。でも出来ない自分を認めるのも怖くて出来なかったんです。

 

もしも音が出なくなってしまったら

 

 

もしもあなたが吹いている楽器の音が出なくなって思うように吹けけなくなったときまず最初に意識すべき事は出来ない自分を認めることなんです。これを意識出来てるとじゃあどうするか?どうすれば吹けるようになるか?って考えられる。

認めるのは怖いし辛い。正直僕もめちゃくちゃ嫌でした。でも認めないともっと辛くなるだなんですよね。

 

 

最後に

 

もしもあの頃の僕と同じ辛い苦しい経験の真っただ中にいるのならまず出来ない自分を認めることを意識してほしいです。それができると案外簡単に調子は戻るから。

 

 

それでは