Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

アレクサンダーテクニーク教師見習いは何を勉強してるのか

 

どうも!かいとうゆうきです。今アレクサンダーテクニーク教師の資格を取得するため東京にあるBodychanceという教師養成学校に通っています。

そこで僕は何を勉強してるのか?今日はそれを書いて行こうと思います。

 

 

アレクサンダーテクニークを勉強してるんじゃないの?

 

アレクサンダーの教師見習いなんだからアレクサンダーテクニークを学んでるんじゃないの?

と思いますよね?

もちろんそれも学んでいきますが

僕たちプロコース生はアレクサンダーテクニークをBodychanceで日頃から使えるように訓練はしないんですね。実はそういう場所ではないんです。

 

学んでいるのは自分自身

自分自身とか言われても意味がわからないですよね

僕も最初Bodychanceにはいったとき

何をしてるのかよく解っていませんでした。

他のプロコース生の方々の話していること

意味不明でした。

ホント最近になって何をするところなのかがわかってきた。

 

 

僕たちプロコース生は主に自分の体のことを学んだり

自分の心だったり考えていることだったりそれを学んでいきます。

体の使い方というのは思っているより自分が考えていることであったり

心の中で思っていることが影響しているんですね

また反対に精神的な面が体の調子に左右されたりもします。

 

自分のやりたいことをやっている

基本的にBodychanceでは何をしてもいいんですね。

ホルンを吹いてもいいし、歌を歌ってもいいし

話をしてもいいし

寝ててもいい。

それは自由。

もちろん授業なのでアレクサンダー教師の先生方の話は聞くんですけど

ひとりひとりやりたいことを持って行き

体の使い方をアレクサンダー教師の先生方からアドバイスされたり

自分でどうすればいいか考えてみたり、アレクサンダーテクニークを使ったりして

自分自身について理解していくんです。

これをワークっていってます。

 

アレクサンダーテクニーク教師見習いの日常(空想)

 

なにかやりたいことがある人はいますか?

はい!(手を上げる) ホルンを吹きたいです(自分)

今日はなにがやりたいですか?

ホルンでもっと高い音が出したいです!(自分)

じゃあとりあえず吹いてみよう!(講師の先生)

半音階で音を上げて吹いてみる

ハイFまででる。

何を考えてたの?(講師の先生に質問される)

いや音を出すのにので精一杯で特に考えてませんでした。(自分が答える。)

じゃあ次吹く時は考えて吹いてみよう。

アレクサンダーは使った?

いや使えてませんでした。

じゃあアレクサンダーも使って吹いてみよう!

ちなみにどうやったら高い音は出るかな?

体の力を抜けば出ると思います。

じゃあそのためにはなにが必要?

えっとアレクサンダーを使えばいいのかな。

OK

じゃあアレクサンダーを使うためにはどうしたらいい?

頭が動いて体全体がついてきて、、、

じゃあ吹く前にそれを意識してみよう。

頭が動いて~

同じように半音階で音を上げて吹いてみる。

半音高いハイFisが出る。

 おおーと自分がビックリ

聞いてる他の人もビックリ

 

僕のBodychanceでの日常はこんな感じです。

(これは空想なので事実ではありません。だいたいこんな感じです。)

 

それでは