Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

今の高山はどんな感じなんでしょうか?僕に教えてください!

 

どうも かいとうゆうきです。

今日2回目の投稿。

 僕はまだ地元高山についてなんにも知らないんだなあということ
 

僕は正直なところ人と関わる事が苦手です。

いわゆる人見知り。

ホルンのプロ奏者を目指そうと考えた最初の理由だって実は

演奏だったら人見知りな自分でも出来るんじゃないかと考えたからだったし。

 

でもです。それじゃあだめなんですね。

 人との繋がりは音楽にとってとても大切なことなんです。

今まで

とにかく練習。

自分は人より上手くないんだから

才能ないんだから

とにかく練習しないとみたいな考えだったんです。

(あとになって実は僕はめちゃくちゃ怠け者なんだと気づいたんだけれども。)

そんな感じでしたのでとにかく人と関わりませんでした。

人と関わってる暇があったら練習しなくては

みたいな感じでした。

中学のころからホルンに集中して

 

練習にはまりすぎて、気が付けばただでさえ人見知りなのに

それがさらに磨かれて引き籠もっていくように。

いや中高の吹奏楽部とか音大とか

そういうところで演奏したり

演奏会に行ったら

人と関わったりするけど

基本的に自分から人と会うことはしませんでした。

自分から連絡を取る事なんて

 ホントめったにしませんでした。

なので中高の頃は家と学校の往復しかしてこなかったし

そのあと東京でホルンの練習とかばっかりやってたので

 

ハッキリ言って高山のことなんにもわからないわけです。

 

めちゃくちゃ地元初心者なのです。

特に高山で楽器を吹いてたり音楽やってる人が何に悩んでいたり考えてたりするのか

全然わからないのでそれを知りたくて

だからもし楽器演奏の事とか音楽の事で

困ったことがあったりしたら教えて頂きたいのです。

 

僕の方でできる事があれば

なんでもしますので!

 

連絡先

info@ameba.jp

 こちらまでよろしくお願いします!

 

今の高山ってどんな感じなのでしょうか?