ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

「あなたにしかできないことがある」の本当の意味

 

「あなたにしかできないことがある。」

どこかで聞いたことがあると思います。

僕はこの意味をずっと勘違いしていました。

「あなたにしかできないことがある。」

この意味を以前の僕は

「あなただけが唯一できる特別なこと」

だと思っていました。

 

f:id:ykaichi:20170802095002j:plain

才能がある事しかできないみたいな

そういう意味じゃないんです。

たぶんそんなのどこにもないんです。

だって今僕がこうやってブログ書いてたり、

アレクサンダーテクニークを使ったり

ホルンの練習することは誰でもできることだし

(誰でも出来なかったらそもそもそれはなくなっていきますもん。)

でもその人が今いる環境とか能力の違いとか

長所とか短所とかは人それぞれ違います。

だからやれることも違えば直面する問題も違う。

 

でもそれは今の自分だからなんです。

f:id:ykaichi:20170802094805j:plain

だって悩んでいた問題が解決したり

出来なかった事が出来るようになったら

それはもう出来ない事だから。

 

悩んで苦しんででも楽しかったり

やって良かったって喜んだり

 

でもそれは変わっていくんです。

だから今日の自分と明日の自分はできることが違うかもしれない。

 

今の自分にしかできないことをやる

いいところも悪いところも全部含めて

それが

「あなたにしかできないことがある」って意味なんだと思うんです。

僕のいいところを伸ばすのは僕にしかできないし

僕が今直面してる問題を解決するのも

僕にしかできない。

そして今の自分だからできることは僕にしかできないこと。

 

だから今日この1日で僕が出来ることを精一杯やっていく

それは僕にしか出来ない事なんだ。

 

それでは