Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

調子を落として練習がはかどらないときに意識するべき3つのこと

 

どうも!かいとうゆうきです。

ホルンの練習をしていると、調子がいいときばかりのときではなく

調子が悪くて練習が上手くはかどらないときもあるわけでして

原因がわかって改善できればいいのですが上手くいくばかりでない

ときもあるのです。

そういうとき本当に練習がはかどらずイライラしてしまったり

不安になってしまったり

そういうことがあって

この時間が本当にもったいないなあと

ホルンをいつも調子がよく自分のやりたい練習もできたら

ベストなのですが。

うーんどうすればいいのか?

 

調子を落とした際の行動を決めておく(休みをもっと具体的に)

 

f:id:ykaichi:20170729001107j:plain

  • 具体的に何分くらい休むのか

15分と決めてみる。

  • 譜読みをする

f:id:ykaichi:20170729001309j:plain

楽譜を読むのはホルンを吹かなくてもできることだなあ。

  • 好きな音楽を聴く

f:id:ykaichi:20170729001431j:plain

自分の理想の音のイメージを掴むこと

プロの演奏家がどうやって吹いているのかを研究する。

これもホルンを吹かなくてもできること。

 

 

やっぱりイメージが大事なんだな

 

書いていて思ったけれど、とにかく調子を落とした時は

そのことを引きずらない。

とにかく別のことをして調子を落としたイメージを忘れること。

だから

やっぱりイメージ大事。

 

また調子を落とした時は今日書いたことを

意識していこう

それでは

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

練習方法

ホルンの演奏技術

研究し直してきました。

また

心の状態が楽器演奏に大きく影響していることにも気づき

精神面で不安があったり できないことがあって焦ったり

そんなときにどう考えるといいのかについても

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中です。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方 心の状態などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番をもっと楽しみたい。

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

 

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp