ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習中自分の感情は一端どこかに置いておこう!

f:id:ykaichi:20170724235002p:plain

 


 

練習中に上手くいかなくて「なんでできないんだ!」ってできない自分を責めたり、俺って「才能がないなー」って落ち込んだり、あれはいけなかったんじゃないか、まずかったんじゃないかって過去を悔やんだり「このままで大丈夫かな」って不安になったり特に一人で練習していると自分自身の感情に振り回されてしまいやすいですよね。

 

 

悩みすぎて動けなかった

 

でもこんなことを考えてても自分自身がつらくなるだけだし練習もまともに出来なくなります。私も練習してもホルンが上手くなれなかったとき、自分を責めて気分が落ち込んでしまったり、「なんで上手くなれないんだ」と悩みすぎてしまい今考えたら全然練習になっていませんでした。

 

 

 

自分自身を動けなくさせる感情を置いておこう

  • 恐怖
  • 不安
  • なんでできないんだ!って自分を責める
  • 才能ないって落ち込む
  • 過去にしてしまったことを悔やむ

こういう感情を抱いたまま練習していても身にならないし集中できないし、やる気も沸いてこないですよね。こういう自分自身の行動を止めてしまう感情はどこかに置いておくのがいいんです。

 

 

最後に

貴重な練習時間を気持ちよく過ごすためにも不安や悩み 落ち込むこともあるけれど

ホルンを練習しているときぐらいはその感情をいったん置いておく。

 

練習に集中出来ますよ!

それでは!