ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

自分で自分の成長をしていく

 

 

どうもかいとうゆうきです。

最近バイト先やbodychanceの人達から

褒めて貰えることが多くなってきて

褒めてもらえたことが本当か本当じゃないかなんてのは

たいした問題じゃなく

それを自分に言ってくれたことが

ただただありがたいなあと

以前は指摘されなくなったらお終いって考えていたので

最近はあまり指摘されなくなってきているのですが

言ってもらえないと成長出来ないって考えてた以前の自分が

なんかかっこ悪いなと感じるようになってきてます。

 

 

褒められたのは結果ではなく過程

 

僕は何か勘違いしてたんですね。

僕が今まで褒められていたのは

課程の部分なんです。

自分が取り組んできたこであるとか

成長した部分であるとか

そこを褒められた訳なのでそこで成長を止めたらいけなかったんですね。

(大学生の頃は褒められたらそれでOKだと思ってた。全然ダメだわ)

 

自分で進む

誰かに指摘されなくても

自分で自分の成長できる部分を探していく

自分自身の点検をつねにやっておく

最近これを意識出来るようにはなってきているけれど

そうすると課題が山のように出てきますね。

 

ちなみにこうしてブログを書いてますが、

もう少し自分の言いたいことをわかりやすく面白く書けないものかと

試行錯誤中です。(このあたりが課題なんだよなあ

 

 

 

それではまた