Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

ダブルタンギングの研究をしてみたら小っちゃいッが入るかもと気づいた話

 

どうも!かいとうゆうきです。

 

今日の練習中これを見てまして

 


French Horn: 3 Steps to Faster Coordination and Multiple Tonguing. Tutorial Nr. 1 from Frank Lloyd

 

 

以前これを見たとき英語だしほとんど意味が解らなかったんですけれど

今日改めて聞くとなんだか聞き取れてる。

(いける前より聞けてる。)

聞いているとどうやらダブルタンギングのこと

やトリプルタンギングのことのようなのですが

そういえばダブルタンギング研究してなかったと

気づいたんです。

さっそく自分のダブルタンギングについて観察をしてみました。

 

ダブルタンギングの2回目息だけで音を出してる

 

ダブルタンギングを最初習った時

タカタカタカタカ

って習ったんですが

ってそのまま言うと舌が後ろに引っ込んだ状態になってしまい

息だけで音を出すようなことになってしまうんです。

それだとダブルタンギング出来ない。

じゃあどうするか

今から試してみて良かった方法を書いていきます

 

  • 二回目の時カの時息を少し多くしてみる

(アパチュアが大きくなりやすいのでその状態に合わせて少しだけ息を増やす。)

  • 口の周りが動きやすくなるので動きを少なくしてみる

 

もしかしてカの前に小っちゃいッが入る?

 

まだ仮説の段階だし楽器で試してないんで何とも言えないんですけれど

自分で喋ってみてタカタカタカよりは

タとカの間に小っちゃいッを若干入れると喋りやすいです。

(動画でロイドさんこのこと言ってるのかなあ。ロイドさんがダブルタンギングの説明してるとき若干小っちゃいッが入ってるんです!15分09秒あたりです。)

早速明日の練習で試してみよ!楽しみです。

それではー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp