ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

上手くなるには探求し精密さを増し続けること  

 

どうも!かいとうゆうきです。

上手くなることって

結局音楽につながっているんだなあって思う。

 

 

  • 高い音
  • 低い音
  • 音質
  • 小さい音
  • 大きい音
  • 音色
  • 音量

そういう技術的な問題も

最終的には

 

自分のやりたい表現やこの曲のこの表現にあったベストな音色や表現をするにはどういう練習をしていけばいいのかっていう音楽的な問題に繋がっていってる。

 

 

ここを僕はすっ飛ばしてきていたんだなあと

そりゃなかなか上手くならないわけです。

 

  • 自分の今まで感じてきたこと
  • 自分の技術
  • 知識
  • 経験
  • 体の使い方

それらを総動員し

とにかく試行錯誤し探していって

そして見つけたことをとにかく練習して

精密さを増していく

ただこれだけ

この繰り返し

 精度問題+変化量=上達度合い

これが上手くなることの近道なのかも

 

今までできてなかったなあ

しゃーない

気づいただけ

マシかな

それではー