Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

正しさではなく事実を基準に

どうも!かいとうゆうきです。

今日も昨日に引き続きキャシー・マデン先生の講義について書いていきます。

僕自身が今まで心の中でモヤモヤしてたことがあるんですが、

こうじゃなきゃいけない

とか

こうであるべきみたいな

正しさ

でもそれは本当なのかって疑問が講義を受けてて出てきたんですね。

 

音楽家の為のアレクサンダー入門

ペドロ・デアルカンタラ著書において

F.Mアレクサンダーさんはこう述べています。

 

人は正しくしようとしているとき間違っているとは感じないものだ

 

 

一人でいる時間が正しいとどこかで思っていた

 

ひとりの時間って大切です。自分のことを考えたり、自分を成長させるために

僕だったらホルンの練習したり。

でもひとりの時間が正しい訳じゃない。

じゃあコミュニケーションを取っている時間が正しいかっていうのもまた違う。

 

正しさを基準に考えてた

 

f:id:ykaichi:20170717004751j:plain

 

 

なにが正しくて

なにが間違いで

正解で

不正解で

○か×か

みたいな

 

僕にとってのはある人に取っては×かも知れないし

僕にとっての×はある人にとっての○かも知れない。

 

事実はなにか

 正しい事ではなくて

僕にとっての事実を基準に考えたら気持ちがすごく楽になったんです。

自分の足りないところもみえてくるけど

自分の良かったところも見えてくる。

今僕はプロのホルン奏者を目指して練習している。

アレクサンダー教師になるために体のこと動きのこと

bodychanceで勉強している。

自分の事を知ってもらうためブログを毎日更新している。

少しずつ見られてきてるし

ホルンも確実に毎日上達してるし

プロになることもできるはず

 

 

正しさではなく事実を基準に考える

意識していこう

 それでは

 

 

 

 

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

 

メルマガ配信始めました。ブログの過去記事や今後開催予定のワークショップの情報や音楽をもっと楽しみたい。演奏がもっと上手くなりたい方へ 楽器演奏に役立つアイデアや考え方をシェアしていきます。

 こちらから無料でご購読頂けます!                                                         

http://form.os7.biz/f/b3830766