ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

筋肉が落ちてきて楽器が吹けなくなってきているという方へ 高音域の練習はやっていますか?

 

どうも!垣内佑規です。

先日のBodychanceでの講義中アレクサンダーテクニーク教師の島村順子先生が

「楽器演奏は筋肉活動です。」

と言っていました。

 

 

でそれ聞いたとき自分はというと

えー やっぱりー

「そんなこといったら普段全然喋らないし

たぶん口の周りの筋肉とかめっちゃくちゃ落ちてる! 

うわーどうしよー(汗)」

 

って心の中でなっていました。

 

 

いや口の周りの筋肉を鍛える道具とかはもちろん知ってるんです。

 

P.E.T.Eとか   

 

BRIO とか

Brio 〜金管楽器を吹くための音の出ない練習器具〜

 

 

BRIOは自分も持っていて 

(あーでも思えばあんまり使ってなかったです。)

それも次使ってみます。(結果はまたブログに載せます。)

 

 

なにぶん普段楽器吹く以外に口の周りの筋肉使ってないから

筋肉めちゃくちゃ落ちてる。

 

以前まで筋肉を使わない方法ってないのかなあって考えてたんですけど

だんだんと吹きにくくなってる自分と

筋肉活動というお言葉

で完璧目が覚めました

 

なにか練習方法で上手く口の周りの筋肉を鍛えられる方法がないかと

考えてみたわけです。

 

高音域の練習を取り入れる

 

以前

 

このような記事をツイッター上で発見しました。

ここには

「高音域が出れば演奏に必要な筋肉は十分にありますよ」

ということが書いてあります。

 

 

あれ?ということは

高音域の練習をすれば必然的に

口の周りの筋肉鍛えられるじゃん!

 

 

音域の拡大もできて

さらに口の周りの筋肉まで鍛えられる

まさに

一石二鳥!

 

 

 

高音域の練習を取り入れてみて

 

さっそく自分でこの練習を数日試してみましたが

うーんめちゃくちゃ良い感じです。

 

アパチュアをコントロールしやすくなったし

以前より音が出しやすくなってます。

 

 

 

自分がやってる練習パターン

 

半音階で

自分がコントロールできる限界まで上がります。

(僕の場合ハイF)

 

そこからさらにほんの少しだけ背伸びする。

「僕ならハイFisを出そうとしてみる。」

テンポを落とすとか

難しかったら半音階じゃなくても良い

 

とにかくどうしたら自分の音域が拡大できるか

を考える。

でなくても良い。

口の周りの筋肉を鍛えるのが目的

出たらラッキー!

 

どうやったら出るか考えながら練習する

これを1日数分で良いのでやってみる。

(やり過ぎは禁物。あくまで数分にとどめる。)

 

今後も自分はこれ続けていきます。

参考にしてみて下さい。

 

それでは!