Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

好きな自分の短所をカバーしてるのが嫌いな自分と考えると嫌いな自分も嫌いじゃなくなる

 

ブログを毎日書いてると色んな自分に気づきます。

 

強がってる自分。弱い自分。めんどくさがりやな自分。頑張ってる自分。

進歩した自分。なにかをみつけた自分。不安になる自分。楽しんでる自分。

 

 

でもそれ全部ホントの自分だし

それをなくそうとするとどこかがおかしくなり始める。

僕は自分のことをあまり自分で好きになれきれなくて

どちらかというと嫌いなところがまだあるんですよね。

でもやっぱ嫌いだけど

なくそうとしたら

おかしいことになる。

 

好きな自分 嫌いな自分

 

好きな自分ももちろんいるんです。

頑張ったり、楽しんでたり

進歩してたりする自分は好き。

でも

めんどくさがったり

強がったり

不安になったり

弱い自分は

あんまり好きになれない。

 

ふむふむこうしてみると

どちらもいいところと悪いところがあるなと

 

好きな自分の短所をカバーしてるのが嫌いな自分

 

頑張ってる自分は裏を返すと無理してるかもしれない。

楽しんでる自分は目先のことだけにとらわれてるかもしれない。

進歩してる自分は裏を返せばどこかで強がってる。

 

好きな自分でいれば最強とか思ってたけど短所あるんです。

 

その短所をカバーしてくれるのが嫌いな自分

 

めんどくさいは裏を返せば休んで体を大切にしてって体が合図をだしてるし

めんどくさいから工夫するし、

不安に襲われるのはこれでホントに大丈夫かって

自分が自分に警告してくれてる。

強がったりしなければ進歩もしないし

嫌いな自分にも長所はあったんです。

 

そう考えてみると嫌いな自分も少し嫌いではなくなりました。

 

どちらも必要なんですね。僕にとって

(あれ、これって最強じゃね?)

 

それでは

 

 

 

 

レッスンについて

個人レッスンを行っております

僕自身

楽器(ホルンが吹けなくなった経験が過去3回ありました)

1度目は高校生の頃

2度目

3度目は大学を卒業して2年ほどたった頃でした。 

ですが吹けなくなった原因は

自分の練習の仕方が間違っていたり

自分のちっぽけなプライドを守る為に

無理しすぎたり

自分の心がおかしくなってしまったり

どれも自分自身が原因でした。

このような経験から

どうしたらホルンは吹ける様になるのか

どのように考えるとホルンは吹けるのか

どのように考えると上達が早いのか

研究してきました。

また現在アレクサンダーテクニークを勉強中で

レッスンにその要素を取り込んでいます。

楽器を演奏する上で

無意識での体の使い方、考え方などが楽器の演奏に大きく影響しています

 ですので

今より上手くなりたいけどどうしたらいいのかわからない。

不調続きで楽器が思うように吹けない

本番でもっと楽しく演奏したい

もっと楽に演奏したい

今より高い音を出したい

タンギングが速くなりたい

吹きたい曲があるけど思うように吹けない

などなど

今抱えている悩みを解決するサポートを僕にさせてください

一緒に上達して

楽器を

音楽を

楽しみませんか?

1時間 1レッスン3500円(スタジオ代込み)

場所 池袋周辺スタジオ

ホルン金管楽器のみ

詳しくはこちらまで!

kaichi_horn@ybb.ne.jp

 

 

 

メルマガ配信始めました。ブログの過去記事や今後開催予定のワークショップの情報や音楽をもっと楽しみたい。演奏がもっと上手くなりたい方へ 楽器演奏に役立つアイデアや考え方をシェアしていきます。

 こちらから無料でご購読頂けます!                                                         

http://form.os7.biz/f/b3830766