ホルン奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

逃げていい  逃げるのは自分と向き合うその時のための自分の準備期間

 

 

 

ykaichi.hatenablog.com

 

先日このような記事を書いた事がありました。

 

 

いつもいつも自分が本当に向き合わなきゃいけないことから

目をそらして

別に行動してるからって安心して。

今考えたら自分は甘かったなって思います

 

でも逃げてきた期間があったから気がつけた事でもあると思うんです。

 

 

 

自分と向き合えないときは

とりあえず逃げる

 

f:id:ykaichi:20170703084432p:plain

 

 

真っ直ぐ自分の問題と正面から向き合って問題を解決していければ

それに超したことはないです。

それが一番いいし

でもどうしてもできないこともあるし

どうしたらいいのか解らないこともある。

 

そんなときは自分と向き合うだけただつらい。

そういうときは思い切り逃げてもいいと思うんです。

 

 

逃げて自分と向き合えるだけの武器を身につける

 

f:id:ykaichi:20170703084150j:plain

 

 

逃げていい 寄り道していい

逃げた先から学んだことで今まで思いもよらなかった解決方法が出てくる事がある。

むしろたくさん寄り道してたほうがいざというときに役に立つ知恵が出てくる。

 

自分と向き合うには向き合えるだけの自分である必要があるんです。

 

 

自分を超えられるから自分が成長するという勘違い

 

f:id:ykaichi:20170703084256p:plain

 

 

この記事を書くまで自分も気がつかなかったんですが

自分のどうしても超えられない壁だったり解決できない問題だったり

そういうことを超えられたから自分が成長したと今まで考えていました。

 

でもこれは逆だったんです。

 

自分のどうしても超えられない壁だったり解決できない問題を超えていける自分だから

自分の壁を超えられたり、問題を解決出来るんです。

まず自分が成長する必要があったんです。

 

逃げた自分。

でも

その時はそれが必要だったんです。

どうしても困ったときはとりあえず逃げてみる。寄り道してみる

そこからなにかが見えてくることがあるんですね。

 

参考にしてみてください!

それでは!