Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

練習後の振り返りその1

 

 

いつもの練習の中で

 

ただなんとなく目的もなく吹いてることが多くて

 

 

最初なにから手をつけたらいいのかが解らないからだったり

 

何を練習すると上手くなっていけるのかがまだ解らないから

 

だったり

 

 

とりあえずなんでもいいからやってみる

 

もしくはできそうなものをやってみる

 

 

たいがい上手くいかない

 

でどうしたら上手くいくのか考える

上手くいく様になる

そういうサイクルに陥りやすい。

 

これでも上手くはなってるのでいいんだけれど

 

もっと練習の仕方が上手くなってくると

 

もっと上達するのが早くなっていきそう。

 

 

自分の今の状態はどうか

 

今自分ができてないことはなにか

できてることはなにか

何を伸ばしていけそうか

何を改善していけそうか

 

 

 

苦手な事ほど避けてる自分

 

ここでもプライドが邪魔して

 

自分自身と向き合う事を避けてる自分がいる。

 

できることだけ練習していきがちになる。

 

 

 

正しい練習の仕方を追い求めてる自分

 

こうやって練習していけば必ず上手くなるってものを

 

どこかで求めてる

 

 

それよりもどうしたらもっと音がスムーズにコントロール出来るようになるだろうとか

 

音が良くなるだろうとか

 

吹きたい曲が吹けるようになるだろうとか

 

 

 

自分が将来どう吹けるようになっていたいかを意識しておく

 

 

 

ykaichi.hatenablog.com

 

 

 

過去の自分同じ事書いてるし

 

 

 

はやく上手くなりたいと思うがあまりに焦ってるのかな

ひとつひとつ確実にゆっくりでいいから

 

 

 

それでは