Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

本番の演奏が上手くいくかどうかは演奏する前にもうすでに決まっている

今まで努力してきたから本番上手くいくとか、頑張ったから素晴らしい演奏ができるとか

 

演奏が上手くいくってそんな単純な話じゃないと思うんです。

 

 

準備することの大切さ 

 

ひとつ音をロングトーンするにも

いい音を出そうとしたら

多くの準備が必要です。

 

自分の理想とする音をイメージする

 

何拍のばすか

音の最後

アタックはどうするか

ホルンを構える(マウスピースを口のところに持ってくる)

 

右手を形

 

どのくらい息を吸うか

息を吐くか

 

アンブシュアの準備

 

などなど

 

音を出す前からもうすでにイメージできるか

準備ができるかにいい音が出せるかどうかがかかってる。

 

でこれは

演奏するということも一緒で

 

演奏するまでに

どれだけ

自分が演奏する曲をイメージができるか

身体的、精神的 楽器のコンデション含め、準備ができるかが演奏が上手くいくかどうかの鍵なんだと

 

 

考えてみれば当たり前ですが、でもこれができるかどうかに

全てかかってるんだと思う。

 

 

 

本番前にできること

自分が本番で吹く曲をイメージしておくこと

体調を整えておくこと

楽器のコンデションは万全か

(油挿したほうがいいなら本番前に挿しておく)

すぐ音が出る状態か

 

まだまだできることありそうです。

 

それでは