Hr奏者かいとうゆうきの研究室

アレクサンダーテクニーク教師を目指し勉強中のホルン奏者かいとうゆうきがレッスンや練習、生活の中で自分で気付いたことをシェアしていきます

変化するには自分の人生をより幸せにする勇気が必要

 

 

変化怖がっている時って失敗を恐れるというより自分が「今の幸せで十分!最高!」っていう思考がどこかにあるからなんだと思うんです。

 

これには勇気が必要なんです。

 

 

高音ハイFisまで出せるようになるという勇気

 

 

新しい奏法を試す勇気

 

 

アレクサンダーテクニークを使ってホルンを吹く勇気

 

新しい練習方法やまだやってみたことない練習方法を試す勇気

 

 

勇気を持って取り組んだとき上手くいけば確実に今よりもひとつ上の段階に成長できるんです。

 

 

上手くいかなくても平気 そこから学ぶ

 

もちろん勇気を持って取り組んだからといって上手くいく訳じゃない。

 

上手くいかない可能性もある。でも上手くいかなかったからといって落ち込む必要はないんです。

 

上手くいかなくてもそこから学んで確率を上げればいいだけなんです。

 

 

変化を恐れる本質

 

失敗を恐れることが変化を恐れる本質なのだとしたら

少し違うと思うんです。

失敗から学んだ人は

失敗はむしろ成長のヒントと感じるはずだから

変化を恐れることはなくなるはずです。

僕自身も何度もホルンで失敗し学んだ経験がありますが変化することに抵抗を感じ続けていました。

ではなんなのか?

 

自分の人生をより良くする選択をすることを恐れている

 

今のままでも十分幸せなのに

十分上手くなったのに

十分上手くなっていけるのに

「この幸せが崩れてしまうかもしれない、変わってしまうかもしれない」

どこかでそう思っているのではないかと

自分の人生がより幸せになる選択をすることをどこかで恐れてるからなのかなと。

 

 

(幸せになりたいと思いながらも幸せになることを恐れているなんて皮肉な話です。)

 

 

勇気はやりたい、やってみたいという気持ちを基本に

 

なんでもかんでも勇気を持って行動してたら、上手くいくこともあるかもしれないですが、失敗する確率も当然上がる。

 

人間として傷つきたくないとか失敗したくないとかそれは防衛本能的な物だし、

持つべきもの。だから人は失敗から学び成長できる。

 

なのでどうしてもやりたいことだったり、チャレンジしてみたいことに

勇気を持って行動するといいです。

 

 

では僕も勇気を持って少し幸せになってみるとしようかな

 

それでは